コラム

〔中間レポート〕5月3週連続🌞土曜の朝にスッキリしよう! ハピバス-オンライン・レッスン -講師HARUKO-

〔中間レポート〕5月3週連続🌞土曜の朝にスッキリしよう! ハピバス-オンライン・レッスン -講師HARUKO-

梅雨の合間の晴れ

湿度もスッキリと過ごしやすい週末

嬉しいですね~

 

とは言ってもコロナ渦

せっかくの5月なのに

自粛の続く日々です

 

緊急事態宣言に伴って

公共施設で実施しているハピバスレッスンは中止のクラスも多々

 

そうなると

体は動きたくてウズウズ…(>_<)

運動不足でウズウズ…(>_<)

スッキリしたくてウズウズ…(>_<)

ですね!

 

「何とかできませんか~~~!!!」

 

そんな生徒の皆さんからのお声をお聞きして

5月は3週連続!!

土曜の朝にハピバス-オンライン・レッスン

を実施することにしました!

 

 

今日はその中間報告です

 

参加メンバーは、

🌼生徒の皆さん🌼

🌼そしてそのお友達や関係者仲間で🌼

レッスンしました!!

 

嬉しいことに

先週も今週も✨

約40名の方々が参加してくださいました!

 

そして改めて!

オンラインの凄さを実感!!(≧▽≦)

全員がそれぞれバラバラの場所にいるのに

インターネットで繋がって

みんなで同じレッスンに参加できるんだと!

(そんなこと理屈では分かっていても(;’∀’)、実体験するとやっぱり凄いと感じました!(^^♪))

 

 

いつもの対面レッスンでは最大12名だけど

オンラインなら40人が一緒にできる!

(そうか!!400人でも4000人でもできるんだ!!と野望を抱きました(^_-)-☆)

 

さすが!

オンライン(^O^)

 

色々と

オンラインならではのデメリットも

もちろんあります

 

対面レッスンの方が

良いところもいっぱいあります!

 

でも

これからは

どちらも上手く利用する

時代なんだな~(^^)

と実感!

 

 

70代の方々も好奇心旺盛に☺

何人もの方々が

しっかりとZOOMへアクセスされます

 

そして、

「やっぱり、新しい挑戦をしなくちゃね!!(^_-)-☆」

とご感想をいただきました

 

そういうのも

とってもステキですね(^_-)-☆

 

 

 

レッスンの内容(60分)はこんな感じ↓↓↓

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

・お辞儀(足裏、呼吸、脱力、体幹)

・足を開いて脱力(ローリングダウン)

・揺れる

・僧帽筋(上部)、首(前)

・首(左右)

・深呼吸

・肩関節、脇

・肩甲骨

・足指、前腿

・アキレス腱

・ハムストリングス、背中&腰

 

休憩

 

・足指

・姿勢

・プリエ&ルルベ

 

・クールダウン

・お辞儀

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

 

ストレッチをたっぷり

そして

姿勢づくりとプリエ・ルルベで体幹トレーニングしました

 

ストレッチのポイントは

呼吸・力を抜く・体の中の感触を感じる

などありますが

とにかくリラックスして頂くことがかなり効果的!

 

なので

頭の中をからっぽにしていただいて

ゆるゆるな気持ちと体になるようなお声かけしました

 

たっぷり1時間、皆さんにご参加いただき

「お疲れ様でした~!」&「ありがとうございました~!」

 

参加したみんなが

スッキリとしたなら本当に嬉しいです

 

「では、今日も楽しい1日を過ごしてください~😄🖐」

とレッスンを終えました

 

来週も実施予定です(^_-)-☆

 

20210523
ハピバス講師
HARUKO

私の一生の宝物@ロバート・ハインデル氏の優しさ-ハピバス講師 Nobue-

私の一生の宝物@ロバート・ハインデル氏の優しさ-ハピバス講師 Nobue-

2021年夏期認定講師研修受講生のNOBUEです

 

部屋のいつも見える場所に

飾ってあるサイン入りのポストカード

そこには完璧なダンサーのパッセの姿があります

モデルのダンサーが誰かもわからずに

とても心惹かれた作品でした

それはバレエのレッスンで唯一

「パッセ」を先生に褒められていたからかもしれません

 

 

その作品の画家はロバート・ハインデル

氏を偶然知ったのは、バレエを始めて2年目の1995年でした

 

近く展覧会があることを知り

バレエ仲間と訪れてみました

現代のドガ”と謳われ

ダンサーの瞬間の美を捉え魂を描いた氏は

1938年アメリカオハイオ州に生まれました

 

アートスタジオに就職してすぐに頭角を現し

29歳でTimes誌の表紙を飾るまでになり

英国ロイヤル・バレエ団の「失楽園」を観たことをきっかけに

バレエの世界に興味を持ち

世界中のバレエ団を訪れ

ダンサー達のストイックなまでの美への追求に

心酔し数々の名作を生み出しました

 

その時に購入したたった1枚のパッセのポストカード

そのポストカードが私の宝物となりました

 

その日は、ご本人が来場して

画集購入者にサインをしていると聞いて

見に行ってみました(笑)

 

数名の方がいましたが

その方達がはけ次にまだ誰も来ないのを確認すると

ハインデル氏がそっとこっちへおいでと

手招きをしてくださいました

係員の方が制するのをやんわりと阻止して

「名前を教えて」と

なんとそのポストカードにサインをしてくださったのです

 

その日からずぅ~と大切にしまってきましたが

9年前の引越しをきっかけに

宝物は目に見える場所にと飾るようになりました

 

氏は残念ながら2005年に

66歳の若さで旅立たれましたが

その作品は今もなお

多くの人々の心に感動を与えています

 

私の中でもあの日の暖かい眼差しと優しい配慮が

心に残る人生のエピソードとなり

この画のパッセに少しでも近づけるようにと

レッスンの糧に♪

これからも一生の宝物となった1枚のポストカードを大切に

そこにいろいろな思いを反映して

それを指針に一つ一つ一歩一歩

事にあたっていこうと思っています

 

 

 

2021.11.8
[ハピバス関東]東京
ハピバス講師
Nobue

 

 

運動習慣は一生の宝✨ ~ウォーキング+ハピバスのすすめ~ -講師 すみれが好き-

運動習慣は一生の宝✨ ~ウォーキング+ハピバスのすすめ~ -講師 すみれが好き-

この2年の間に新型コロナウイルスが蔓延し
パンデミックが起き
世界中の人々の生活が想像を超えて大きく変わっていきました

 

緊急事態宣言下で
普段出かけていたあの場所、あのレストランに行けない

よく会っていた友人ともゆっくり顔を見てお喋りができない
旅行をキャンセルしたなど我慢をされていることが多いと思います

 

家にこもりがちな日々が続いている方もいらっしゃるでしょうか

 

感染しないためには
体力を向上し
免疫力を上げておくことが大切ですが

 

先ごろのイギリスのスポーツ医学誌British journal of sports medicineの研究で

継続的運動によってコロナ重症化リスクを低減できる
という研究結果が発表されています!(^^♪

 

その内容は
新型コロナウイルスに昨年感染した5万人への調査で
毎週2時間半以上運動をしていた人の
入院率や死亡率が運動不足の人よりも大幅に低いというものです!

 

運動により免疫力が向上し
心肺機能や精神状態の改善につながるとしています!😃

 

 

高齢者や臓器移植の手術歴がある人を除いて

基礎疾患より【運動不足】が重症化のリスクを高める  😨

と結論付けています

 

運動習慣は運動が得意、不得意にかかわらず
健康維持に最も大切なもののひとつだと思います😊

 

どんな運動形態でも良いので
体を動かして血流をよくすると頭がすっきりとし
臓器や筋肉など体の機能の衰えを防ぎ
生活の質を維持することができます

 

自分は子供のころから体育が苦手だったというかたでも
何かご自分に合った楽しく継続できる運動の形をぜひ見つけていただきたいなと思います

 

最も親しみやすいものとしては
ウォーキングが挙げられます!!

 

足に合った運動に適したスニーカーを履いて
正しい姿勢で一日6000歩から8000歩歩くことは
だれでも取り掛かりやすい運動形態のひとつです

ただ漫然と歩くのが退屈なら
何か目的を作ってそこに歩きに行くのも良いでしょう!

 

ちなみに私は
昨年の冬に坐骨神経痛を発症してから
ウォーキングよって痛みが軽減されることを自覚し
歩く習慣が付きました!

 

いつも家の近くにある大型商業施設に
「おいしいパンを買いに行く」とか
「季節の花を買いに行く」とか
あまり荷物にならないものを買いに行くのに
ウォーキングをして行きます😊

 

時には駅の近くのお豆腐屋さんに
おいしい「山芋の厚揚げ」が売っており
そのお店でしか買えないので
そこにウォーキングをしに行ってお店の人とちょっとお喋り😊
帰りは遠まわりをして住宅街の細い道を
お花を探しながら歩いて家に戻ってきます

 

大体このような往復で6000歩から8000歩になり
携帯のアプリで記録して歩数を確認します

 

自治体によってはアプリで歩数を記録すると
何かご褒美がもらえる仕組みになっていますね!

 

ウォーキングの効果を高めるには
「正しい姿勢で歩く」ことが大切です!!

 

背中を丸めてとぼとぼと歩いても
効果は得にくいかもしれませんね

 

背筋を伸ばし、肘を軽く曲げて後ろに振りながら
腰からのわずかな回転運動を意識しながら歩くとより効果的です

 

足裏はかかとから軽くついて
小指を意識しつつ最後は親指の付け根で
軽く蹴りだして前に進むと良いでしょう🌱

一言に「歩く」といってもその動作は様々な要素があり
効果的にウォーキングを行うには
正しい動作が鍵となります

 

6000歩歩くということは
片足で3000回の動作を繰り返しているということになりますから
正しい形で積み重ねる3000回とそうでない3000回は大きな違いが出てきます

 

ここで正しい姿勢を手に入れるには
ハピバスのエクササイズが効果的ですよ

 

ハピバスはバレエの基本トレーニングを取り入れたエクササイズです!

 

体をまずゆったりと緩めてから
全身をストレッチし
足裏や足指を強化し
きれいな姿勢づくりをします

 

ハピバスのメニューは背骨をすっと伸ばし
まっすぐに美しく立てるようにサポートするエクササイズで出来ています

 

腹筋や背筋、
おしりの筋肉を強化する効果も期待できます

 

運動は苦手という方でも
動作はゆっくり行いますので気負いなく続けていただけます

 

また仲間と一緒に集中して行うことで一層運動効果が上がります

 

「日々のウォーキング+週1回のハピバスレッスン」
で楽しく運動習慣を身につけましょう

 

人生のいつの時期からでも
運動習慣を身に着けることは
皆さんの✨一生の宝物✨となることでしょう

 

参考文献:「生活習慣病」は歩くだけで9割治る 長尾和宏著

2021.6.9
ハピバス講師
すみれが好き

みなさんにとっての『原風景』とは、どんなものですか?-ハピバス講師 Yachiho-

みなさんにとっての『原風景』とは、どんなものですか?-ハピバス講師 Yachiho-

因島クラス講師のYachihoです。

 

突然ですが

みなさんにとっての『原風景』とは、どんなものですか?

 

『原風景』とは

「人の成長の過程において

特に幼いころ経験した風景が

長くその人の心に残像として残って

一種の憧憬的存在となっている状態のこと」ですが

瀬戸内海の島に住む私にとって

それは必ず背景に海がある風景だったように思います

 

家族で蜜柑の収穫をした海の見える山の中腹の風景

港を見下ろす段々畑に真っ白い除虫菊が風にゆれる風景

(※写真)

毎日のように泳いだ浜から隣の島へ

そして世界へ続く海の風景

 

そしてこの原風景は

どんなに「道」に迷ったとしても

思い出すだけで自分に立ち返ることのできる

魔法の風景なのです♡

そうやって人は、いい思い出を記憶に残し

精神の健康を保っているのではないでしょうか

 

身体の健康も同じことが言えると思います

自分が気持ちいい~リラックスした~

ゆるんだ~楽しい~と思った感覚は

ずっとどこかで覚えていて

そこに自然と向かう感じが、そっくりなんです

名付けて『原体感』!(←私の造語です…)

 

私がいつも大事にしている体感は

「きもちいい~」です

ハピバスで感じた自分の気持ちいい~の感覚が

身体を自ずと良い方向へ導いてくれると信じています♡

 

気持ちいい風景

気持ちいい身体

を求めて、一緒にがんばりましょう!

 

 

2021.11.6
[ハピバス広島]因島
ハピバス講師 Yachiho

 

「踊りを踊る」イメージで♪ 〜8・9月のセンターのご紹介〜 -ハピバス講師 Ayano-

「踊りを踊る」イメージで♪ 〜8・9月のセンターのご紹介〜 -ハピバス講師 Ayano-

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

 

7月のセンターはどうでしたか?

軸を感じること、体重移動をすること

身体で感じながらできましたか??

楽しくできていたら嬉しいです!!!

 

 

ハピバスのセンターは

完璧に行わなければならないものではありません🙅‍♀️

 

整った姿勢で、軸を感じて、振り付けを一つずつ覚えて

1回目より2回目が、そして2ヶ月が終わる頃にはさらに

😊スムーズになっている!

😆軸がぶれなくなった!

😍きれいに踊れるようになった!

とワクワクしちゃう気持ちになることが目標です🍀

 

 

8・9月のセンターは、7月に練習した

「トンべ・パ・ド・ブレ」がたくさん出てきます!

 

曲に合わせて、しっかり軸を感じながら

どんどん、美しく踊れるようになりましょう♪

 

 

 

 

8・9月は、「くるみ割り人形」のフィナーレの曲を使います!

 

「くるみ割り人形」は、全2幕のお話です

 

2幕でクララはお菓子の国に行きクララを歓迎するため

チョコレート、コーヒー、お茶キャンディなどの

お菓子たちが踊ります

 

今回使うフィナーレは、その2幕の最後で流れます

クララもお菓子の国の住人も一緒に踊る、大団円!!

というような、とても盛り上がる曲☺️

今回は、そんな曲で踊りたいと思います♪

 

 

 

最後の大団円な曲、ということもあり

少し客席を意識した振り付けになっています

 

 

ここで、客席を意識して”踊る”コツ

ちょっとだけお伝えします!

 

1セット目の、背泳ぎみたいに(笑)背中を見せる動きですが

これは「背中を見せる」ということを

一番に考えているとうまく行きません

ストレッチの時に行うような、肩・腕回しを意識し

「両腕を引っ張り、どんどん伸びていく」

というイメージを持ってください

そうすると、身体を無理にねじることなく

美しくポーズがとれると思います🙆‍♀️

 

 

2セットめは、バレエダンサーが踊りの最後にする

「お辞儀」をイメージしました

腕を右や左に広げますが

それに肩やおへそがついていってしまうこと無く

自分の軸がブレないように意識しながら

体重移動もはっきりしながら踊りましょう✨

 

 

そして、目の前に客席があるイメージで踊っていただくと

さらにワクワク感を感じられるかもしれませんね♪

 

 

 

センターは、少し難しめな設定になっています

ですので、完成が10だとしたら

いきなり10まで登ろうとせず

担当講師とともに無理せず1段ずつ登っていきましょう♪

 

8,9月センター動画はこちら↓↓↓

 

2021.7.31
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Ayano

 

自分の軸を感じて伸びるように♪ 11・12月センターのお知らせ-ハピバス講師Ayano-

自分の軸を感じて伸びるように♪ 11・12月センターのお知らせ-ハピバス講師Ayano-

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

10月のセンターはどうでしたか?

楽しく出来ましたか??

「歩く」なんて当たり前のこと!

と思いそうですが

なかなか難しかったですよね…😂

これからも、

10月のセンターで体感したことを意識しながら

日々美しく歩いてくださいね♪

 

さて、11・12月センターのお知らせです!

はやいもので、もう2021年も終盤…!

健康に、楽しく駆け抜けましょう💨✨

 

ハピバスのセンターは、

完璧に行わなければならないものではありません🙅‍♀️

 

整った姿勢で、軸を感じて、振り付けを一つずつ覚えて、

1回目より2回目が、そして2ヶ月が終わる頃にはさらに、

😊スムーズになっている!

😆軸がぶれなくなった!

😍きれいに踊れるようになった!

とワクワクしちゃう気持ちになることが目標です🍀

 

 

さて、今月のセンターは、

前回の「パラレルで歩く」を踏まえて

踊りらしくしていきます!

 

今回の難しいところは

6番(パラレル)ポジションのルルベで、

ちょっと止まらなくちゃいけないことだと思います…!

 

このときに心に留めておいてほしいことが2つあります!

 

①重心の移動先を確認&イメージ!

 

②「止まる」のではなく、「伸びる!!」

 

まず1つ目の

重心の移動先を確認&イメージ!

 

10月の「歩く」でも感じたと思いますが、

足から足へ体重を移動するときに

これから着く足にしっかり重心を

移動させることが重要になります!!

 

それができていないと、

フラフラしたり、

歩幅が小さくなってしまう可能性がありましたよね💦

 

まずは練習で、

足を前に出して、6番ルルベに立つまで

・どれくらい重心が移動するのか

・体はどのくらい上がるのか

を感じて、イメージしながらやってみてください!

 

そして2つ目

「止まる」のではなく、「伸びる!!」

 

からだって面白くて、

「止まらなくちゃいけない!」と思うと

そこで固まって、力が入りすぎて重たくなってしまうもの😂

 

ですので、

「ぐーんと伸びていこう!」と思いながら

やってみてください!

 

止まるのではなく、ずーっと伸びていく!と思えば

美しく止まって見えるようになります✨

 

しっかり自分の軸を感じて、

伸びながら踊ってみてください♡

 

 

センターは、少し難しめな設定になっています

ですので、完成が10だとしたら

いきなり10まで登ろうとせず

担当講師とともに焦らず

無理せず1段ずつ登っていきましょう♪ 

 

わからないことがあれば

どしどし担当講師に質問してくださいね♪

 

11・12月センター動画はこちら↓↓↓

 

生徒さんへ

2021.10.31
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Ayano

 

妊婦になってもバレリーナ(^_-)-☆ ‐ハピバス講師Ruka‐

妊婦になってもバレリーナ(^_-)-☆ ‐ハピバス講師Ruka‐

 

ハピバス講師のRukaです!

 

出産レポートを読んで下さった方は

私がどんなマタニティライフを過ごしたのか

興味が湧いたのではないでしょうか??

 

今日はマタニティライフ続編です

 

マタニティスイミングに

バリバリ通うぞー!

 

と意気込んでいた5月

まさかの緊急事態宣言…

スイミングスクールがお休みになってしまいました

 

ショック。どうしよう、暇すぎる

 

そんなわけで

5月はバレエのレッスンに週2回通うことにしました

(やっぱりじっとしていられない性分です)

 

さすがに妊娠9ヶ月になると出来る動きも制限されましたが

できる範囲でレッスンを続けました

 

おなかが重くなって辛いはずなのに

不思議とレッスンをした日の方が調子が良かったのです

 

なぜ??

 

バレエは重心を上に引き上げることを常に意識しています

 

そうする事で

ズンと下がったお腹(赤ちゃん)も上に引き上がるため

体への負担が軽減されるためと思われます

 

そして、その引き上げにより腹筋・背筋もしっかりと使い

腰への負担も減ります。

結果、私は出産直前まで腰痛とは無縁でした!

 

そしてもう一つ利点

 

妊婦さんの中には

尿漏れに悩まされる方も少なくないそうです

それはお産に向けてある程度は

仕方のない事ではあるようですが

出来ればそうはなりたくないですよね

 

その尿漏れ対策にまたまたバレエが良いのです!

 

皆さんレッスンの中での姿勢作りで

お尻をキュ!毎回やっていますよね⁈

先生の中には

『お尻の穴、膣の穴をキュット締めて引き上げる感じ〜!』

と表現される人もいるのではないでしょうか

普段から締める・緩める習慣をつけ

鍛えていると尿漏れ知らずになりますよ♪

 

私が悪阻もなく

妊娠中も普段とほぼ変わりなく

快適なマタニティライフを送ることが出来たのは

少なからずバレエのおかげだと思います

 

妊婦さんのマイナートラブルに多い

 

・腰痛

・尿漏れ

 

これは妊婦さんに限らず

年齢を重ねると出てくる問題ではないでしょうか

 

それを未然に防ぐためには、普段からコツコツと

少しずつでもいいのでエクササイズをすると良いと思います

 

ハピバスのレッスンは、それらをバッチリ予防出来ますよ〜!

 

皆さんも、ハピバスのレッスンを継続して

健康で楽しい生活を送って下さいね⭐️

 

2021.7.21
ハピバス講師
 Ruka

 

日常にスパイスを♡ハピバスレッスンの振り替えレッスンで新しい発見を♡-ハピバス講師 Ruka-

日常にスパイスを♡ハピバスレッスンの振り替えレッスンで新しい発見を♡-ハピバス講師 Ruka-

ご無沙汰しております、講師のRukaです

 

今日は皆さんにオススメしたいことをお伝えします!

 

ハピバスの生徒さんならもうご存知だと思いますが

ハピバスではどのクラスに振替ても

同じ内容のレッスンが受けられます

 

ですから振替をする際も

『全然レッスンについていけない!』

なんてドキドキする必要はありません。

 

でも先生が違えば、一つのストレッチの解説も様々

『あれ?何かちょっと違う⁈』と思う時があるかもしれません

 

私はその違いをぜひ

楽しんで頂きたいと皆さんにオススメしたいのです!!

 

表現の仕方が先生によって少し違うだけで

伝えたいことは実は同じです

同じことを言われていても

いつもと違う表現だと新しい気づきがあると思いますよ

 

毎日好きな白ごはんを食べているのもいいんだけど

たまに炊き込みご飯を食べたら、あら美味しい♡

 

みたいな感じ。(あれ、違う?!)

 

例えが悪かったかもしれません

食べることが好きなので

つい食べ物で例えてしまいました。ふふふ

 

 

毎週同じ先生の元で

コツコツ練習を積み重ねる事はとても大事です

担当の先生に体の変化をしっかり見ていてもらえますしね

 

でもたまに違うクラスでいつもと違う刺激を受けて

また自分のクラスで気持ち新たにレッスンする

 

これ、結構レベルアップできるポイントだと、私は思うのです

私自身も、あえて色んな先生のレッスンを受けて

沢山のアドバイスをもらうようにしています

その中から自分の体に落とし込める表現を頂き

身につけていく

 

皆さんにもきっと『コレだ〜!』と

思える表現が見つかると思います

 

 

もし振替される機会があれば

この話を思い出してもらえると嬉しいです

 

さぁ、一緒にバージョンアップしましょう〜♪

 

2021.11.14
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Ruka

 

 

「美しい立ち姿を意識しましょう」  ーハピバス講師 すみれが好きー

「美しい立ち姿を意識しましょう」  ーハピバス講師 すみれが好きー

 

 

デパートに行くと、エスカレーターやフロアのあちこちに

自分の姿が嫌でも映るご経験が

皆さんあるのではないでしょうか

あれ?私なんか背中丸くなってる?

太ったかしら?

やだ、ヒールはいてるのに膝が曲がってるわ・・

 

ふいに見た自分の立ち姿は

油断だらけの猫背で老けて見える姿に自分でびっくり

ということも

ついでに

む、この洋服,ちょっといけてない?

新しいの買おうかな・・と

姿がよく見えるようにしているのはもしやデパートの戦略?

 

素敵な洋服を買った時も

背中をしゃんと伸ばして美しい立ち姿でいたいですね

そうは思っても

日常生活の中でなかなか気を付けるのは大変

日常生活で実践していないことは

人前や町中に出た時に

すぐに出来るものではないかもしれません

 

一つここでご提案があります

 

「同性の憧れのお手本を作ること」

 

吉永小百合さん

草笛光子さん

岸恵子さん

フランス 80代のスーパーモデル 

カルメン・デロリフィチェさん

きくち体操提唱者の菊池和子さん

 

人生の先輩である70代~80代の美を保つ女性たちです

どの方もとても美しくしなやかで凛とされている方ですよね

お姿をテレビや雑誌で拝見するのと一緒に

健康や美しさを維持する秘訣や

どんな生活をされているのか

どんなポリシーをお持ちかに

興味を広げて掘り下げてみると

背筋が思わずしゃんとすることがあるかもしれません

どの方も健康維持のための素晴らしい生活習慣や 

運動習慣をお持ちなのではないでしょうか

 

吉永さんは長年の水泳の習慣が、草笛光子さんに至っては

舞台の楽屋にトレーニングマシンを運び入れる

と聞いたことがあります

 

「草笛さんのように常にしゃんと美しく立って街を歩こう!」

 

今更遅い

と諦めず自分の目標となる憧れの女性を

常に意識して生活してみましょう

そして毎週続けることで

徐々に美しい姿勢づくりが可能となるハピバスのレッスンが

みなさまのお手伝いをいたします

 

2021.8.15

[ハピバス関西]大阪・京都
ハピバス講師すみれが好き

40代~80代の中高年世代が「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!★一度は諦めたバレエを始めることができたのは・・・★(中編)―ハピバス代表 Haruko―

40代~80代の中高年世代が「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!★一度は諦めたバレエを始めることができたのは・・・★(中編)―ハピバス代表 Haruko―

「ハピバス(=ハッピーバレエ・ストレッチ由来の造語」

代表のHarukoです

7年ぶりに、メンターの方からの指南で

(この話は前編を読んでね)

「中高年世代が「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!」

という想いに原点回帰し

それと同時に一気に蘇ってきた記憶

それは・・・

私自身がバレエを

諦めた経験を経たこと

 

 

★私自身のバレエを諦めた経験

私は22歳の時に一度バレエ教室に

入会したけれどほどなく挫折

更にその後も2件ほど別のバレエ教室に

体験レッスンに行ったけれど

とてもついていけそうな気がしなくて

入会できなかった経験をしています

 

実際、こんな感じでした

大人のバレエレッスンでも

バレエのレッスンは当然のように

次々とバレエの動きが連続していく

すると、初心者だから当たり前ではあるのですが

「分からない!!」のオンパレードになる

 

・動きの順番が分からない!!
・足の動きで精一杯で、手の動きが分からない!!
・曲に合わせて何回繰り返すのか分からない!!
・動きが早すぎて全然ついていけてない!!

 

そして、自分がやっていることが

もはや「バレエ」でも何でもないことだけは確信してしまう

 

見よう見まねにも程がある

あまりに自分が不格好で情けない

全く未来が見えてこない!!

という経験をして、がっかりして

逃げるようにしてバレエ教室を立ち去った

 

そして、「やっぱり、バレエは敷居が高い

今から始められはしないんだ…。」となった

その後、何か他の運動をしようと

スポーツクラブに行ってみるも続かず

テニスをしてみようと思ったけどそれも続かず

友人に誘われてジャズダンスにも行ってみたけど

「ジャズダンスがしたいんじゃない…。」

と認識してやめて結局

「私は本当はバレエがしたいんだけどな…。」

という気持ちを改めて感じることになる

 

 

★バレエ教室との出会い

「普通のバレエ教室の大人クラス」はついていけない

だから、結局、無理だと諦めていた

ただ、そこから数年が経過したのち

私はたまたま

ラッキーにもバレエを始められる機会に巡り合えた

なぜ始められたのか?

それは、【文化教室の新規クラス】で

「大人のためのバレエレッスン」講座に出会えたから

 

新規のクラスで、最初は生徒が2人だけだった

且つ、2人ともがバレエ初心者だったので

先生も初心者に合わせて教えてくれた

こんな機会はそうそうない

私は本当に、たまたま、ラッキーだったと思う

 

 

★「バレエの世界」は私の想像以上の素敵な世界だった

その後の私は、どんどんバレエに魅了された

なんて“エレガント”なのか!!

こんなに美しいものがこの世の中にあったなんて!!!

カルチャーショックだった

先生が美しい、
音楽が美しい、
所作が美しい、
柔軟さが美しい、
細くてスリムで美しい、
デコルテが美しい、
背中が美しい、
うなじが美しい、
つま先が美しい、
指先が美しい、

「美しい」に魅了された

 

 

★なぜ「バレエ」を習ってみたかったのか?

思い起こせばなんで「バレエ」がしてみたかったのかと言うと

大学時代、社交ダンスサークルに入っていた時に

「美しく」に踊れる人の多くがバレエ経験者だったから

「美しさ」に憧れた

そういうわけで私はたまたま

「バレエ」を諦めなくても済んだ

でも、あの【文化教室の新規開校】の

バレエレッスンに出会っていなかったら

きっと諦めていたと思う

 

 

この経験を経て、その後

バレエを諦めなくても良い世の中へ

 

「40~80代の中高年世代が

「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!」

 

という想いへ至り、私の事業スタートへと至る

後編は40~80代の中高年世代のための「バレエ」を

実際に創り上げてきた過程や想いについてです

ぜひ読んでください(^^)

 

*前編はこちら⇒ https://hapibas.com/column/column-2758/

*後編はこちら⇒https://hapibas.com/column/column-2760/

2021.11.22
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス代表 Haruko

 

 

 

何も意識しなかったら姿勢は崩れていくよ~若者の方が危ないかも…感じたこと~  -ハピバス講師Miki-

何も意識しなかったら姿勢は崩れていくよ~若者の方が危ないかも…感じたこと~  -ハピバス講師Miki-

こんにちは!

ハピバス講師のMikiです

 

ハピバスのレッスンに「姿勢つくり」があります

正しい姿勢は

人生最後まで自分の足で歩くために

大事なことと考えているからです

今日はその姿勢について

今の若者の方が早い段階で不具合を起こすのではないか…と感じた出来事を紹介します

 

 

私事ですが、去年の12月に初孫が誕生しました

新生児を抱っこするなんて何十年ぶりでしょう♡

ふにゃふにゃで硬さなんてどこにもありません

たまに行って抱っこすると

筋肉がどんどん発達しているのがわかります

寝返りが出来るようになって、お座り、ハイハイ…

一歳までの一年間は物凄いスピードで

成長していくんですよね!

そして思春期くらいまで筋肉や骨格は成長し続けます

 

久しぶりの赤ちゃんに癒されていたころ

制服採寸のお手伝いをする機会がありました

今度高校生になる15歳の男の子たちに

セーターのサイズ確認をしていく担当で

約80名程の背中にセーターをあてていったのです

 

男の子なので成長の幅に差があるのは当たり前ですが

背中が不自然な子が多くて… 

 

軽い猫背からまあまあの猫背(これは昔からいますよね)

左右の肩の高さの違い(これも今に始まったことじゃない)

一番驚いたのは、自分で自分をギュッと抱きしめているのかと

見間違えるくらい両肩が近付いている子が

一人や二人ではなかったこと…

 

それぞれのミックスタイプもいて

猫背で高さの左右差ありとか

左右差がある状態で自分抱いてるような肩とか

そう、スマホや携帯ゲーム機で夢中になっている人の

背中に近いかも

 

とにかく

両肩にセーターの肩をサッと合わせられない子が多すぎて…

正しいサイズを選ぶことより

この子たちの行く末を案じてしまいました

今の大人より早い時期から調子が悪くなるのでは…と

 

 

ほとんど差のない赤ちゃんが

十五年経っただけで姿勢に個人差が出てくる

孫の姿勢にはホント気をつけようと強く思いました

 

筋肉はバランス良く使わなければなりません

 

例えば猫背の形をしてみると

胸の辺りの筋肉は縮んで背中側は伸びているのがわかります

これが日常の姿勢になると

縮んでいる筋肉が固まって胸をそらすのがきつくなり

動きに制限が出てきます

そして動ける筋肉ばかりが酷使され痛みが…

しかも筋肉は骨に引っ付いているので

縮んでる側に姿勢が歪んでいきます

体は繋がっているので

一つの歪みは次の歪みのきっかけになります

 

同じ姿勢をとり続ける時は合間に体を動かす

片側だけではなく反対側もケアする

ある部分ばかり負荷をかけ続けないということです

 

自分の姿勢を意識するかしないかで

年月と共に大きな差がつきます

悪い姿勢は体調不良を引き起こし

生活に不都合が出て来ます

 

お子さんやお孫さんがいる方は

是非とも姿勢を気にしてあげて下さいね

 

そしてご自身は

ハピバスのレッスンできれいな姿勢を目指しましょう!

 

 2021.7.25
ハピバス講師
Miki
 

関東初のハピバスレッスン♡生徒さんお二人から始めます!場所は東京ドームの近くです❣-ハピバス講師 Nobue-

関東初のハピバスレッスン♡生徒さんお二人から始めます!場所は東京ドームの近くです❣-ハピバス講師 Nobue-

改めまして文京本郷クラス講師のNOBUEです

 

このたび11月10日(水)から

関東初のハピバスのレッスンを担当させて頂きます

スタジオは、東京都文京区本郷

白山(ハクサン)通り沿いの

都営三田線・大江戸線の春日駅から徒歩1分

近くには区役所のある文京シビックセンターや

東京ドームが隣接する場所にあります

 

スタジオの床のリノリウムの感じや暖かい雰囲気が

バレエを始めたお教室になんだか似ていて

懐かしくもあり、ずっとレッスンをしているような感覚です

そのようなスタジオで

ハピバスのレッスンを開講できることも

何かのご縁と嬉しく思っています

 

初日は、私がハピバスの講師を

目指すきっかけにもなった友人二人が

体験レッスンに来てくれました

Haruko先生の(伝える側も)「楽しんで」

という言葉や同期のAi-chan、Ya-chanが

既に講師として指導をしているので

自分も活動している気になっていたのか?(笑)

緊張しいの私が珍しく緊張しないで

すぅーとレッスンに入っていくことができました

それもひとえに皆様のお陰と感謝しています

 

レッスン後は、身体がポカポカする

血流が良くなっている感じがするとの感想があり

翌日は二人とも軽い筋肉痛とぐっすりと眠れたとのことでした

そして友人二人が私の最初の生徒さんになりました

 

ここからはレッスンの最中は、生徒さんと講師です

お二人の生徒さんが楽しくレッスンを続けていけるように

肩の力は抜いて(笑)全力でお伝えしていこう

と改めて身の引き締まる思いがしました

 

ハピバスのレッスンで

一緒に無理なく楽しく健康維持・向上

『人生最後の日まで自分の足で歩く!』を目指し

TVから流れてきた

「自分の出来ることを惜しみなくやるという」フレーズ

そこに「今」を付加えて毎レッスンを大切に

講師として、日々成長できるように

一人でも多くの方にハピバスのレッスンを

お届けできるように楽しく頑張ってまいります

 

余談になりますが

バレエを始めたお教室時代

発表会のゲストにきてくださるプロのダンサーの方々に

ここの生徒さんは、みんな本番に強いと言われていました

当の本人達にはその自覚はないものの

かつてのバレエ仲間でもある友人たちと何かあると

「そうよ!!私達は本番に強いのよ」(笑)

を合言葉に笑い合います

私が講師始動の際にすぅーと入っていけたのは

もしかしたら、この言葉を無意識に感じていた?

のかもしれないですね♪

 

 

 

 

ハピバス 文京クラス

☎ 090-4223-8943

✉ info-studio@hapibas.com

日時 毎週水曜日 19:30~20:30

月謝 7,600円(月4回・入会金5,500円)税込

 

場所 東京都文京区本郷4-25-5第二猪尾ビル1F

   都営三田線・大江戸線 春日駅徒歩1分

   東京メトロ 丸の内線・南北線後楽園徒歩5分

Re:ActionⅡMANA

 

 

 

2021.11.26
[ハピバス関東]東京
ハピバス講師
Nobue

 

 

えっ~!!私ってこんなに素敵だったの~?新たな自分に出会えるチャンス!!-ハピバス講師 Miki-

えっ~!!私ってこんなに素敵だったの~?新たな自分に出会えるチャンス!!-ハピバス講師 Miki-

皆さま体調はいかがでしょうか?

ハピバス講師のMikiです

 

先日、ハピバスのインスタグラムに

楽しそうな写真が載りましたね

(まだ見ていない人…チェックチェック)

9月に開催する

“ハピバスフォットセッション”のリハーサル風景です

今日はそのリハーサルの様子をお伝えしたいと思います

 

最高気温33℃は超えてくるだろうという日曜日

本番は室内レッスンからスタートのところ

屋外撮影からスタートです

太陽の光はビルに遮られ、心地良い風も吹きわたり

休日の淀屋橋は人も少なくいい感じで始まりました

 

まず初めはムードメーカーのHiromi先生

次から次へとポーズをとり私たちの緊張をほぐしてくれます

 

BTSのジミンが好きなAkie先生には

「ジミンが呼んでるよ~」とか

「あっジミンがいる~」とか

周りの私たちの方がはしゃぎだす

 

流石、ハピバス代表のHaruko先生

メディア慣れしているので被写体になるのはお手の物

でも、Ayanoマジック!!

黄色のロングスカートを指先でつまんで広げる動きを指示

連写で撮ったらとても素敵なシーンになり

Haruko先生のまた新たな魅力発見です

 

グループフォトはHiromi先生のビートルズ案から次々に発展

休日の御堂筋だから撮れた素敵な写真になりました

 

この頃になると、講師みんなハイテンション!気分はモデル

時間もあるのでまた個人フォトに

撮影する方もされる方もノリノリです

 

Hiromi先生の「木の間から覗きたい~」という写真

 

 

大人ガールの素敵な洋服を着てきたすみれ先生と

電話ボックスの写真

私たちが周りで見てても“いい感じだな~”と思うのですが

画像を確認してみるとその何倍、何十倍も良くて…

ノスタルジーを感じさせるすみれ先生の写真

ポーズといい洋服といい何から何まで決まっていました

 

室内のレッスン着フォトはハイテンションのままだったので

バレエあり笑いあり笑いありバレエあり…

スタジオに写真を飾るそうなので

見て頂くと私たちのはしゃぎぶりがわかりますよ

 

私は…自分を撮ってもらうのっていつ振りなんだろう?

子育てに夢中で、子どもばかり撮ってた

そのうち久しぶりの写真に自分の老いや欠点が目について

いつの間にか撮られる事避けてた

 

Ayano先生は自分がモデルで撮られるうちに

「こんな欠点があるけど、

そんな私好きだなと思えるようになったので

他の人にももっと自分の良さを知ってもらいなあ」と思い

人を撮影するようになったそうです

 

だからなのかな?声をかけて撮って貰ううちに

「これでいいの?こんな私でもいいの?」と思えて来ます

周りが「いいね~」「かわいい~」と言ってくれると

「欠点と思わなくていいのかな?私は私でいいんだな」

と少し自信がつきました

 

私のように写真見たらがっかりするからいいわ~と思っているあ・な・た

Ayanoマジックにかかってみて下さい

絶対に後悔はしませんよ

 

 

2021.8.8
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Miki

 

バレエを習ってみたい❣貴女の夢を叶えたいと思ってレッスンしています―ハピバス講師 Akie―

バレエを習ってみたい❣貴女の夢を叶えたいと思ってレッスンしています―ハピバス講師 Akie―

ハッピーバレエ・ストレッチ

講師のAkieです

 

バレエは女の子の憧れなんですね

というのも私は憧れて

始めたバレエではありませんでした

 

私は、3歳から日本舞踊を習っていました

多分、母が子供のころ習っていたから習わせたのでしょう

母とバスに乗ってお稽古に行くのが

楽しかったのを覚えています

 

どうして日舞からバレエに変えたか・・・

それは、発表会では一人で踊らないといけなかったから

まだ4歳の子が大人の雰囲気の振り付け

そして一人で踊るのがとても嫌でした

 

そこで母は、バレエならみんなで踊るよ

ということで

今度は叔母が子供のころ通っていたバレエ教室へ

 

バレエを始めたのは6歳から

周りの子たちは2歳くらいから始めていたので

私はスタートが遅い上に体も硬い

そしてあまりセンスもなかったような・・

でも、背が高いからいつもセンターだっだり

群舞だと一番前・・・

 

バレエはやめたいと言いながらも続きました

続けた理由は・・・

「継続すること」に意味があると思ったから

そう思ったのは中学に入ったころでした

その後高校卒業するまで続けられたのは、環境かな・・

 

ロシアに2週間ほどバレエ留学に行ったり

中学の修学旅行で見た宝塚との出会いで

バレエを続けていました

(高校2年生最後の発表会・ブラックスワン)

そして気が付けば踊ることが大好きになっていました

今では

若い人の中に入ってK-POP習ってTWICE踊っています

そして、私のバレエの先生はもう亡くなりましたが

最後に会ったときに

「昭恵、バレエを続けなさい」

と言われた言葉がずっと頭に残っていました

現在、こうしてバレエストレッチの講師として

皆さんとバレエを楽しむことができてとても幸せです

 

私は、バレエが上手でもなくバレエのキャリアもありません

でも、今はこうしてバレエ・ストレッチの講師をしています

ずっと好きなことを続けてきたから、好きなことで

皆さんにお役に立てているのだなと感じます

 

レッスンでは

ストレッチで身体を緩めてリラックスさせ

姿勢づくりでは体幹強化をし

センターでは楽しく踊るようにしています

 

ハッピーバレエ・ストレッチに来られる生徒さんは

ほぼ全員がバレエ初心者

だから私のレッスンでは

初めてバレエを習う方にも楽しめるレッスンを心掛けています

 

バレエを習いたいけど中高年になってからでは

普通のバレエ教室で習うのはとても難しいと思うのです

まずはハピバスでバレエ姿勢を体で覚え

そしていつかバレエ教室にチャレンジしてみませんか?

貴女の夢を叶えたいと思っています

 

 

2021.12.4
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Akie

 

 

「プリエ?あぁ膝曲げるやつね」「ルルベ?あぁ背伸びね」と思っているあなた  人生損してます…もったいないんです… -ハピバス講師 Miki-  

「プリエ?あぁ膝曲げるやつね」「ルルベ?あぁ背伸びね」と思っているあなた  人生損してます…もったいないんです… -ハピバス講師 Miki-  

こんにちは!

ハピバス講師のMikiです

 

 

今日は私がハピバスに出会う前のお話です

元気で人生を送れる人が一人でも増えて欲しい…
でも何から手を付ければいいの…

そんな時に見つけたのは「健康管理士」という資格でした

 

健康について知識を持つ人が増えたら
将来病気の高齢者が少なくなるはず…

との考えでつくられたもので国家資格ではありません

テキストで勉強して、課題提出して
試験に受かれば誰でも取れます
(日本成人病予防協会という団体です)
看護師、歯科衛生士等その道のプロから
リタイヤした人、主婦…年齢も様々
興味がある方は是非チャレンジしてみてください
(話が逸れてしまいましたね)

 

資格習得後、まず地域の健康管理士会の集まりに顔を出し
毎月の勉強会に参加するようになりました

 

勉強会は「フレイル」がテーマでした

「フレイル」という言葉をご存知でしょうか?
最近はコロナの影響もあり
新聞やテレビでも取り上げられているので
耳にしたことがある方も多いでしょう

 

 

「フレイル」とは
要介護になる前段階の状態のことで
高齢による肉体的精神的衰弱が要因で
起こると言われています

 

 

軽いフレイルだと問題なく健康生活に戻れますが
症状が進むほど戻ることが厳しくなるので

“フレイルにならないためにはどうしたら良いか”
色々な角度から考えてみようと
持ち回りで発表していたのでした

 

 

趣味でバレエをしていると言った私には

「バレエってどんなんするの?
寝たきりの状態のきっかけになる転倒と絡めて発表してね」

とお題を振られ、資料を作る事になりました
そして調べるうちに...

 

 

「ちょっと待って‼ 
プリエとルルベってめっちゃいいや~ん すごすぎる‼」

バレエの効果がこんなにあるとは~と感動したんです

 

 

足の裏にはメカノレセプターという感覚器があります

 

これは今、体が傾いているとか
今、グラグラの不安定な所にいるとか
その時足の裏にかかる圧力の大きさや方向
時間などから今の体勢をキャッチして脳に信号を送ります
そして脳は転ばないよう体のバランスをとるよう
筋肉に指令を出すのです

 

このメカノレセプターは足裏に均等にあるのではなく
親指、足の付け根のふっくらしてる所、踵
この部分に沢山あります

それは正しい姿勢をとるときに意識する部分と同じなんです!

 

立っているとき踵重心になってしまい
足指が床についていない状態を
「浮き指」と言います

 

 

この状態が続くと
土踏まずから上にあるメカノレセプターが
しっかり使えていないので
感覚器が開店休業状態になり
ちょっとしたことでバランス崩して転倒…骨折…
養生してたら筋肉が減少して動けない…要介護に…
残念ながらよくある話です

 

でもバレエのレッスン時に浮き指で立っていたら
バランスとれない、動けない…

 

 

更にバレエには プリエという動きがあります


レッスンの初めにする、膝を外側から引っ張られるように
折り畳んでいく動きです
知らない人には、ただ膝の曲げのばししか見えませんが
足の裏は均等(ここ大事!)に
地面を踏むという仕事をしています

 

 

 

次にルルべ

ルルベという、見た目は背伸びのような動きでは
足指を縮めないで
特に親指や親指側の指の付け根の力が抜けないように
(抜けたら小指側に体重かかり、足首、膝…と痛めます)
気を付けて体を引き上げ一番背の高い状態に

そして、足の中の細かい筋肉をコントロールしながら
(ここも大事!)踵を下ろしていきます

 

両足裏均等に力を入れたり
自分の体重がかかった状態で動きをコントロールするには
自分が「そう動かそう」という意識が必要です

そして眠った状態の神経や筋肉にスイッチ入れるのは
自分で「こうやる」という意識
(思い通りに動かなくても全然OK)

 

こうしてバレエの動きの重要さを知った私は
「高齢者こそバレエだ‼」と、進む方向も定まり
やがてハピバスと出会うのです

特にハピバスのレッスンではバレエの姿勢
プリエ、ルルベはそれだけに集中するので
足裏の状態と体の軸を感じながら
頭と体を繋げて行う事が出来ます

 

楽しみながらいつの間にか感覚器を刺激して鍛えている!!
おまけに気分もすっきりで心も健康‼
レッスンに通えなくても
是非とも多くの方にプリエとルルベを取り入れて貰いたい
〰️( =^ω^)

 

 

2021.8.25
[ハピバス関西]大阪・京都
ハピバス講師 Miki

 

 

ずっと踊っていたいから♡60代大人リーナは陰で努力しているのです・・・―ハピバス講師 Mamiko―

ずっと踊っていたいから♡60代大人リーナは陰で努力しているのです・・・―ハピバス講師 Mamiko―

講師のMamikoです。

 

今年ももう師走!

一年って早いなぁと感じるこの頃です😅

 

以前、リハビリに通っているお話をしましたが

今はリハビリをやめて

パーソナルトレーニングをしています(^^♪

パーソナルトレーニング!

言葉だけ聞くと何だか凄そうですよね😅

リハビリが悪かったわけではないのですが…

私個人に特化して悪いところ

強化したいところを重点的に指導してもらいたい

と思い変更しました

 

この年齢でバレエを若い人達と同じように踊ろう

と思うとやはり努力が必要です

努力といっても若いころのように

たくさん練習できるわけではなく

(かえって体を痛めてしまいます😫)

1回のレッスン、リハで

いかに効率よく動いて実のあるものにするか。。

それが重要です

量より質ですね😂

 

そのためには常に体を

動ける状態にキープしておかないと

リハが無駄に終わってしまいます

今日は腰が痛くて動けません。膝の調子が悪くて。。。

 

なんて言ってられないんです

1回1回が勝負です

 

なので常に動ける体にするために

パーソナルトレーニングを始めました

 

紹介してもらった先生は若くてかっこいい!!☚関係ないか笑

でもやる気になるためには大事ですよね😉❣

 

そしてパーソナルなので自宅に来てもらえる!

これが一番!!!

え~とでもどこでする??リビング??

いやいや毎回綺麗にしとかなあかんやん。。どないする?

 

そうだ!いい部屋があるじゃない!

実はコロナでどこにも行けない

『Stay Home』期間に家で自習しようと

二階の子供部屋を片付けてバーを取り付けリノも買いました🤩

 

これこれ!ぴったり!

 

痛いところ、変わりたいところ

なりたい身体を伝えてレッスン開始

最初は筋トレではなく!ストレッチ!

これがなかなかしんどい(^-^;

 

でも何度も続けてると楽になっていくんですね!

そしてストレッチしたあとは筋トレ!

これがまた大変😱

パーソナルの明くる日は必ず筋肉痛。。

でも頑張って続けたおかげで

腕肩の痛いのがずいぶんましになり

楽に動かせるようになりました

そして背中がよく動くようになった!

痛みのない身体が継続できるようになった!

これはとても嬉しいことでした😊

 

もちろん普通にバレエレッスンを

週一二回してれば身体に優しいと思います

でも発表会前だとほぼ毎日のように

リハーサルがありしかも

トゥシューズを履いて踊らなきゃいけない

正直かなりの負担です😭😭

あちこちぼろぼろになります

注射も打ちに行きます

 

え?なぜそんなにまでして踊るのかって?!ですよね。笑

バレエが好きなんです😍

それにつきます!

 

踊れない身体になるまで

しがみついて踊ってると思います!きっと(^-^;

 

少しでも楽に踊れるように

少しでも長く踊れるように

そして少しでも上達できるように

 

これからも努力を続けたいと思います!

 

 

2021.9.12.12
[ハピバス関西]大阪・京都
ハピバス講師 Mamiko

 

あなたの歩き方は大丈夫ですか?~ちょっとでもいいから意識して欲しいこと-ハピバス講師 Miki-

あなたの歩き方は大丈夫ですか?~ちょっとでもいいから意識して欲しいこと-ハピバス講師 Miki-

 

疲れない体❣を目指している

講師のMikiです

 

コロナの自粛生活が続き

どうしても運動不足になりがちな毎日

「せめてウォーキングだけでも!!」 

と頑張って歩いている方も多いと思います

今日はそのウォーキングが

少しでもプラスの方向に向かって欲しいなあというお話です

 

あなたは歩いていると体のどこかに

痛みや違和感が出ますか?

 

踵が固くガサガサだったり、魚の目やタコ

外反母趾等足のトラブルありますか?

靴底の減り方に左右差はありますか?

 

思い当たる方は、ちょっと歩き方を意識

(ハピバスでも出てくる内観!)して歩くことをお勧めします

 

ウォーキング・ドクターとして活躍されている

「デューク更家」さんのエピソードを一つ紹介しましょう

 

デュークさんがモデルトレーナーをされていた時

お母様が肝硬変で入院しました

お母様は担当医から健康のために歩きなさいと言われ

頑張って歩いていましたが、歩き方が悪かったのか

膝を悪くして病院の階段から落ちてしまい車椅子生活に…

それから急に元気がなくなり

半年後には亡くなってしまいました

 

デュークさんはそれがきっかけで

「人間にとって正しい歩き方は何なんだ」

と研究するようになり

身体に負担をかけない歩き方、美しい歩き方を

普通の人たちに教えたいと思うようになったそうです

(「いいことがいっぱい起こる歩き方」

デューク更家/幻冬舎より)

 

健康のためと信じてやったことが健康を害した・・・

これは出来たら避けたいです

デュークさんの歩き方や、正しい歩き方を紹介する書籍は

たくさんあるのでそちらにお任せして・・・

 

先ずは身体に負担をかけない歩き方を目指してみましょう

 

例えば

・重心は引き上げておく

  起きている子どもと寝ている子ども

  抱っこしているとどちらが重たく感じますか?

  下半身への負担が減ります


・股関節を動かしているんだという意識を持つ

  股関節辺りの大きな筋肉を使えると

  脛やふくらはぎを酷使しません


・足裏で均等に(左右はもちろん足の裏全体も)地面を踏む

  左右均等ではないということ

  片足ばかりに重心が乗っている

  もしくは足首にねじれがある(外側や内側に落ちている)

                ↑外反母趾悪化します


・足指で地面を押す

  しっかり押すと自然に脚は前に出ます

  (重心移動もスムーズにいく)

  また地面を押した後、甲が伸びた状態になるため

  つま先が地面に引っ掛かる事が少なくなります

 

・脚の通り道は真っすぐを意識して

  正面から見て、足の人差し指と中指の真ん中辺り 

  膝、脚の付け根の真ん中辺りのラインがブレないように

  なるべく真っ直ぐを意識して動かしていくと

  それぞれの関節がゆがまないので

  どこか一か所だけすり減るようなことにはなりません


・踵からの接地を意識し過ぎない

  地面に最初に着くのは踵ですが

  踵をゴンゴンおろしていくと踵部分の皮膚は守りに入り

  皮が厚くなっていきます

  両足揃えた状態から踵を上げて背伸びになり

  そこから踵を下したとき

  つま先が地面から離れて

  ピンと上がってしまう方は注意です

  踵が着いたとき、足裏全体を意識して

  衝撃を面でとらえて欲しいなと思います

 

いくつか書いてみましたが

どれか参考にして頂けると嬉しいです

 

ウォーキングは身体も心もリフレッシュできる

手軽で優秀な運動だと思います

でも、痛みが出たら頑張らないで!!

そこに負担がいってるということだから

歩く姿勢や歩き方をもう一度確認して・・・

 皆さん無理しないウォーキングで人生を楽しめる

身体を維持していきましょうね

 

 

 

2021.9.1
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Miki

 

K-BALLETの「くるみ割り人形」を見に行ってきました!美しいダンサーに感動❣―ハピバス講師 Akie―

K-BALLETの「くるみ割り人形」を見に行ってきました!美しいダンサーに感動❣―ハピバス講師 Akie―

講師のAkieです

 

今日はクリスマスイブ

このシーズンになると

どのバレエ公演も

「くるみ割り人形」になりますね

 

私は、10年ぶりに

ハピバスの生徒さんに誘われて

バレエの公演を見にいきました

 

前回は10年前の

梅田芸術劇場であった

K-BALLETの「海賊」

熊川哲也さんの

高い空中で止まって見えるジャンプと

軸のぶれない回転を見たくて

チケットを取りました

 

今回もK-BALLET

そしてこのシーズンの「くるみ割り人形」

 

オーケストラの生の演奏が

とても心地よく心が洗われるような音色

豪華なお屋敷の大きな窓や

大きなクリスマスツリーの美しい舞台装置

そして雪の情景では

本物の雪かと思うほどのたくさんの雪

ダンサーの振りに合わせて

雪が綺麗に舞っていました

 

久しぶりに見たバレエは

私が年を取ったせいなのか

テンポがものすごく早く感じました

回るのもクルクル軸がぶれること無く

まるで体操選手のようで

美しかったです

やはりバレエはいいですね

トウシューズを履いてまた

踊ってみたくなりました

 

 

バレエってなぜこんなにも美しいのでしょう

 

この舞台に立っているダンサー達

毎日1時間以上かけてバーレッスンをしています

 

ハピバスのレッスンは1時間のうち

30分は体を緩めることに集中しますが

バレエのレッスンは各自で簡単にストレッチをして

バーのレッスンが始まります

 

そのバーレッスン

ハピバスのレッスンで姿勢づくりの時に

お腹、お尻、内もも、背中など力を入れて

姿勢を正していきます

その力を入れたバレエ姿勢のまま

1時間以上のレッスンをします

 

生徒の皆さん10分くらいで

「はぁ~」(>_<)と「キツイなぁ」と

思われますよね・・・

あれです!あの姿勢のままレッスンなんですよ!

 

バレエダンサーは美しい舞台の裏では

過酷な練習をしているです(^_-)-☆

 

姿勢良くなりたい!

お腹のお肉をなくしたい!

などなど(^^♪

 

「どうなりたいか?」

自分の気持ちが決まったら

あとは自分次第(^_-)-☆

毎日コツコツ積み上げることですね!

 

次回のブログでは

どうしたらコツコツ続けられるか?

コツをお伝えしたいと思います

では、この辺で(^^)/

 

 

2021.12.24
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Akie

 

 

バレエは本当の意味で すべての人の健康な体づくりの役に立てるのではないか!?という想いから出会ったハピバスの講師研修-ハピバス講師 Yachiho-

バレエは本当の意味で すべての人の健康な体づくりの役に立てるのではないか!?という想いから出会ったハピバスの講師研修-ハピバス講師 Yachiho-

はじめまして!

このたび初開催のオンライン講師認定講習を修了し

9月から広島県にて

ハピバスクラスを開講することになりました

まさにハピバス対象年齢世代のYachihoです(笑)

 

バレエ自体は小さい時からモダンバレエに親しみ

とにかく踊るのが大好きでした

 

大学時代はチアリーダー

社会人になってもモダンダンス

母親になってまたバレエと

なんだかんだあっても、結局今もぼちぼちと続けています

 

バレエを教えるとなると敷居が高く

バレエはトウシューズの履きこなせる

細くてターンアウトの完璧な

本物のバレリーナ経験者でないと教えられないもの

と思い込んでいました

 

実は、私の住んでいるのは広島県とはいっても

瀬戸内海の島です

それもあって本物のバレエというのは

都会にしかないものだと思っていたのです

 

地域では

小学生のスポーツ少年団で体操のインストラクター

コミュニティスタジオでピラティスのサークル補助

などをしてきました

 

40代後半に差し掛かったころから

体が硬くなってきたのを感じるようになり

座骨神経痛や足底筋膜炎、ぎっくり腰など

様々な痛みのある不調も経験しました

 

施術や体操など、色々なものを試してみましたが

そのたびに何だかしっくりこなくて

結局バレエで正しい身体の使い方を深めていくことで

不調が改善されるという体験から

 

バレエは本当の意味で

すべての人の健康な体づくりの

役に立てるのではないか!?

 

と思い始めたのです。

 

実際に周りの人たちは

健康づくりのために身体を動かそうという

意識は高い地域なのですが

やみくもに長距離を毎日歩いて、膝を痛めたり

スポーツのし過ぎで股関節を痛めたりと

頑張ったせいで残念ながら

体の不調をきたしてしまっている人を多く見てきました

 

バレエなら、必ず怪我をせず

無理をせずに身体づくりをすることができるのにな

という思いは日に日に募っていきました

そしてネット上で「ハピバス」を見つけたのです

田舎ゆえに情報源は、とにかくメディア

テレビや本・雑誌にネットです

しかもなんと!コロナ禍の影響で

「オンライン講師認定講習が限定3名で開催される」!!

ということを知り大興奮したのを覚えています

 

早速その3名に入るべく、速攻で申し込みました

とはいえオンライン講習を受けるのは初めてで

さほどネット環境に強くもなく不安はありましたが

講師の治子先生がとにかく丁寧にzoomのことや

wi-fiのこと共有ドライブのことなどを説明してくださり

なんとか3ヶ月の毎週土曜日の講習を

乗り切ることができました

 

今回の講習で私にとっては

ハピバス講師としてのスキルはもちろんのこと

パソコンやスマホでのオンラインスキルも

相当学ばせていただくことができ

本当に感謝しています

 

そして何より、この3か月間のハピバス講習を通して

自分の身体が変化していくのを

びっくりするくらい感じることができました

 

体幹を鍛えること

その前に体をしっかりゆるめること

そして足の裏と指でしっかり立つこと

 

これらはバレエでは当たり前のことかもしれませんが

そのことを本当の意味で体感できるのが

ハピバスだと改めて実感しています

 

また一緒に講習を受けた他の2人のメンバーさんにも

本当にいい刺激を沢山受けさせてもらいました

大阪・東京・広島

と地域の異なるメンバーが同期として全国にいる

ということは本当に心強いことです

 

まだまだこれから学んでいく事が沢山あると思いますが

とにかく前を向いて、頑張っていきたいと思いますので

応援よろしくお願いいたします!

 

 

2021.10.4
[ハピバス広島]因島
ハピバス講師
Yachiho

 

 

指先まで優雅に美しく♪ 〜1月センターのご紹介〜―ハピバス講師 Ayano―

指先まで優雅に美しく♪ 〜1月センターのご紹介〜―ハピバス講師 Ayano―

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

11・12月のセンターはどうでしたか?

特に6番ポジション(パラレル)で

止まらないといけないところは

とても大変だったと思います…

内ももがプルプルしちゃいましたよね…笑

 

ですが、このセンターを乗り越えたことで

バランスの取り方をしっかり体感できたはずです!

 

2022年からも楽しく取り組みましょう〜♪

 

さて、1月センターのお知らせです!

 

ハピバスのセンターは、

完璧に行わなければならないものではありません🙅‍♀️

 

整った姿勢で、軸を感じて、振り付けを一つずつ覚えて

1回目より2回目が、そして2ヶ月が終わる頃にはさらに

😊スムーズになっている!

😆軸がぶれなくなった!

😍きれいに踊れるようになった!

とワクワクしちゃう気持ちになることが目標です🍀

 

 

さて、今月のセンターは、

アームス(腕)にフォーカスします

 

バレエでは、足のポジションだけでなく

腕にもポジションがあります!

 

では、主な腕のポジションを4つみていきます!

ハピバスのYouTubeチャンネルで

きれいに見せるためのコツなどを

お伝えしている動画もありますので

そちらも紹介します♪

 

アン・ナヴァン(アンナバン)

フランス語では「en avant

「前方に」という意味です

 

大きな風船を包み込むようなイメージで

指先はみぞおちの延長線上にあります

左右の指先(中指)は少し離しましょう

 

https://youtu.be/Vlb08BhlBkM

https://youtu.be/IgiYtNaHIyY

https://youtu.be/xVWMGaSFNLE

 

ア・ラ・スゴンド(アラセゴン)

フランス語では「à la seconde

二番目(の位置)に」という意味です

 

アン・ナヴァンの丸みをキープしながら

左右に開いていきます

 

https://youtu.be/nkYdhbZqRIU

https://youtu.be/rrujoukqfzQ

https://youtu.be/aEpIvkuCzNc

 

アン・バ(アンバー)

フランス語では「en bas

下に」という意味です

 

アン・ナヴァンの形をそのままに、下に下ろします

その際、太ももや胴体と腕がつかないように

少し隙間を開けるのがポイントです!

 

アン・オー

フランス語では「en haut

上に」という意味です

 

アン・ナヴァンの形をそのままに、上に上げます

難しいのですが、真上に上げず、少し前にすることで

美しく見せることができます♪

 

https://youtu.be/HkLqZSUQpuc

https://youtu.be/NPHfSHkuVtc

 

 

主な4つの腕のポジションをお伝えしました!

いかがでしたでしょうか??

 

今月のセンターでは、ご紹介した以外の腕の形も出てきます!

どのように動かせば美しく引き締まって見えるか…

そんなことも意識しながら

担当講師とともに、今月のセンターも楽しんでください♡

 

わからないことがあれば

どしどし担当講師に質問してくださいね♪

 

 

1月センター動画はこちら↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=bZBghlRiwYE

 

2021.12.28
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Ayano

 

初めてギックリ腰になって(>_<)感じた人と人のつながり ~憧れの先生(^_-)-☆神の手をもつパーソナルトレーナー~ -ハピバス講師 Akie-

初めてギックリ腰になって(>_<)感じた人と人のつながり ~憧れの先生(^_-)-☆神の手をもつパーソナルトレーナー~ -ハピバス講師 Akie-

ハピバス講師のAkieです

 

 

憧れの人シリーズ(*^_^*)

「こんな人になりたい❣」憧れの方々がいます

これまでにブログには

きくち体操の菊池先生

ハピバスのHaruko先生

BTSジミン💜

3人の方々の事を書いてきました

 

今回は神の手を持つ(こういうと先生に怒られますが・・)

身体のことを日々勉強されている

髙橋千絵先生のことをご紹介します

先生は野江にあるスタジオLegare代表

京阪野江駅から徒歩数秒⁈ホントに駅近♡

 

私は月に一回このスタジオに通って

身体のメンテナンスと身体のお勉強をしています

 

私は7月の末、初めてギックリ腰になりました

スポーツクラブでジムトレーナーのお仕事中

プールガードをしておりまして

お掃除のための水がいっぱい入ったバケツを

持ち上げようとした瞬間

 

グキっと(>_<)

 

重い物は腰を低くして持ち上げること

いつも気を付けていたのにこの日だけ

腰を落とさず、バケツに手をかけたのです・・・

その後は歩くことができず

手すりを持ちながら移動しました

 

その日は運のいいことに

私のパーソナルトレーナーの高橋先生が

代行でレッスンに来られていて

応急処置をしてくださったのです

 

高橋先生は、解剖学に基づいた手技で

ヤムナボールを使って

身体の骨や筋肉など本来のあるべき位置に

戻してくれます

あっという間に立てなかったのが歩けるようになり

応急処置のおかげで残りの仕事もできてホントに感謝です

 

でも、その後は家までは帰ることが出来ましたが

家に帰ってからは寝たきりの状態(>_<)

完全に治るまで4週間かかりました

 

高橋先生の施術を受けた後は

みなさん顔が明るくなって

「体が軽い」と嬉しそうにしています

「すごい技術だな」と思います

長年の経験と知識を持っているから

あんな風に皆さんを喜ばせることができるのだなと

 

私も高橋先生のように「神の手を持つ」と言われるように

勉強を重ねてハピバスのレッスンで生徒さんたちに

癒しの空間を提供していきたいと思っています

 

 

 

 

 

2021.9.12
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Akie

2022年の抱負を語ります!ハッピーバレエ・ストレッチのレッスン効果はスゴイのです・目標達成を目指してやる気になるその効果とは?―ハピバス講師 Akie―

2022年の抱負を語ります!ハッピーバレエ・ストレッチのレッスン効果はスゴイのです・目標達成を目指してやる気になるその効果とは?―ハピバス講師 Akie―

ハッピーバレエ・ストレッチ

講師のAkieです

 

年の初めに今年の目標を掲げてはみるものの

「今年こそは!」と毎年この時期に願うけど

春ごろにはすっかり忘れている・・・・

立てた目標も「なんだっけ?」って(>_<)

 

でも、今年は違うのです!

(出た!!今年は違う!!って言葉)

👆自分で突っ込んでいる心の声

 

なぜそう思うのか

それは・・・

ハピバスのレッスンの効果がそう思わせるのです

 

そのレッスン効果とは⁉

まずは自分自身のことからお伝えしましょう

私は、2020年春ごろから本格的に

ハピバスの講師として週に5本のレッスンを

受け持つようになりました

全てのレッスン、生徒の皆さんが受けるレッスンと同じように

私も全力でストレッチをしてバレエ姿勢を作っています

 

私は、猫背で巻き肩でお尻に力が入ってなくて

肩がいかり肩で・・・

悪い姿勢オンパレード

 

それが、レッスンの回数が増えて

半年を過ぎたころ

先輩ハピバス講師に

「デコルテラインがスッキリしてきた」

という言葉をいただきました

最近ではマスクを外したら

「顔がほっそりした」と

(ダイエットも一年中やってますが

体重はあまり変わらず・・・)

 

 

ハピバスのレッスンのおかげで

腰痛と肩こりがホントになくなりました

無理なく関節を動かして可動域を広げ

そしてその周辺の筋肉をほぐしたからでしょう

 

結果、見た目も変わった☆彡

 

それから、今度は生徒さんのお話

レッスン効果の出ている生徒さんたくさんいます

効果が出ていない人なんていないんじゃないかと思うくらい

 

50代の方

太股が細くなったため制服のパンツが履きやすくなったと

この方、反り腰が直りました

 

60代の方

良い姿勢を気にするようになって他の運動も始めたら

ダイエットに成功した

 

70代の方

以前大きな事故に遭われたようですが

骨折も多数あって歩くことさえ大変だったのに

今は、クラスでは一番姿勢がいいので直すところがない

また、良い姿勢を心掛けているので

太股の筋肉の付き方が素晴しい

 

などなど、ご紹介したい方はまだまだいらっしゃいます

 

ここで上げた生徒の皆さん

ハピバスの週に一度のレッスンが

楽しみで休みたくないそうです

 

自分自身の経験と生徒さん方を見ていて

楽しく習慣にしていくことが

長く続く秘訣だなと感じたのです

 

そして、コツコツ続けると必ず成果につながり

自分との約束を守れたことで自信にもなると

思ったのです

 

だから、今年は違うのです!

 

では・・

ここで宣言しておきます(^_-)-☆

 

◇毎日続けること◇

 

朝:ベットの中での体操

お腹をへこませるための体操です

 

夜:股関節を柔らかくなるためのストレッチ

腹筋背筋が弱いのでその強化と

股関節が硬いのでそこを柔らかくしたい

 

ハングル3行日記を書く

推しの言葉を聞き取りたい💜

 

はい!ここブログで宣言したから

毎日コツコツ頑張ります(^_-)-☆

 

え?これだけ?って思いました?

私の目標は、痩せることじゃないんです

韓国語を話せるようになることじゃないんです

 

毎日コツコツ365日続けることが目標

簡単なこと、出来そうなことを続けてみようと思っています

 

 

 

2022.1.6
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Akie

 

 

 

 

 

 

実際にやってみて感じた「オンライン・レッスン」と「スタジオ・レッスン」の大きな違い-ハピバス講師 Haruko-

実際にやってみて感じた「オンライン・レッスン」と「スタジオ・レッスン」の大きな違い-ハピバス講師 Haruko-

講師のHarukoです

 

昨日で緊急事態宣言下の第2回無料特別オンラインレッスン

終了しました!皆様のご参加ありがとうございました(*^_^*)

 

さてコロナコロナと言い出してもう2年近く

いつまでも続くこの閉塞感に大概うんざりですね

でもこの長すぎる期間に実際にやってみて

「オンライン・レッスン」と「スタジオ・レッスン」

メリットとデメリットを

『超』実感できたので、今こそ書いておきたいと思います

 

 

結論としては、

やっぱり「スタジオ・レッスン」の方が

1レッスン当たりの運動効果は高いことを実感しました

 

例えるなら

自宅でのテレワークはなかなか仕事に集中できないけど

会社だと集中できて捗るパターンと同じです

「オンライン・レッスン」よりも

「スタジオ・レッスン」の方が断然集中できるので

その分だけ実際に運動効果も上がるということです

 

人は感情に大きく左右される生き物で

理屈だけでは動けないなと

人の感情は【環境】から大きな影響を受けていることを

改めて実感しました

 

 

 

具体的に実感した、レッスンにおいての【環境】を構成する要素は4つ

 

  • [場所という環境要素]

スタジオは雑念が除かれてレッスンに集中できる

(というかレッスン以外にすることがない環境)けれど

家の中は何かと雑念が生じるし

ダラダラしてしまう誘惑が多い

 

  • [気持ちの準備という環境要素]

化粧をして服装を整えてスタジオに来る時点で運動するぞ!

という気持ちの準備が整うけれど

オンライン・レッスンでは

事前の気持ちの準備をする時間はほとんど取らない

 

  • [服装という環境要素]

スタジオではレッスン着に着替えることで

運動しやすい体制が整うけれど

家では大体部屋着のまま

 

  • [メンバーという環境要素]

スタジオでは先生も仲間もいるから頑張らなきゃいけないし

頑張れるけど、オンライン・レッスンは1人だから

どうにも気合が入らない

 

この4つの要素を「オンライン・レッスン」の時に

自宅で整えるのは正直できないですね

 

 

もちろん「オンライン・レッスン」は『便利・手軽・気軽』!!

それは最高の利点だと思います

 

スタジオの通えない状況のときや

最悪、自宅から出てはダメという非常事態になっても

「オンライン・レッスン」なら自宅でレッスンできる

当然、運動しないよりは、運動する方が良いのは間違いない

もちろん効果だって、運動をしなかった場合と比べたら

運動しただけの効果はちゃんとある

 

 

でも、「オンライン・レッスン」と「スタジオ・レッスン」

のどちらも選べるとなったら・・・・

しっかり集中できる分だけ運動効果の高い

スタジオ・レッスンが絶対にオススメです!!

 

両方を経験してみて、それを『超』実感しました

 

 

週に1回60分程度のレッスン時間をかけるなら

1回で運動効果の高い方が

元気なからだづくりの近道になることは当然のこと

 

人生は短いから

時間効率よく運動をして元気なからだを維持して欲しいです

 

そして元気なからだで好きなこと・やりたいことを

いっぱいして欲しいです

 

費用との兼ね合いももちろんあると思うし

ハピバスで提供しているレッスン費も

「オンライン・レッスン」と

「スタジオ・レッスン」では費用が違うけど

それだけの効果の違いはやっぱりあるなと思います

 

一番効果が高いのが

「スタジオ・レッスン」

次に

「オンライン・レッスン」(ライブレッスン)

その次が

「録画の動画を見て運動する」

です

 

上手く活用して、元気なからだを維持してくださいね!

 

 

 

 

2021.9.20
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Haruko

 

ハッピーバレエ・ストレッチのレッスンでバレエポーズを美しく見せるには? ―ハピバス講師 Akie―

ハッピーバレエ・ストレッチのレッスンでバレエポーズを美しく見せるには? ―ハピバス講師 Akie―

ハッピーバレエ・ストレッチ

講師のAkieです

 

1月からのセンターには慣れてきたでしょうか?

1月のセンターはバレエの基本

アームスの動きをやっています

 

時々レッスンで

「なんか変・・・」

と自分の姿を見て笑っていらっしゃる方も

お見受けします(>_<)が・・・・

 

バレリーナがあんなに美しく見えるのは

なぜでしょうか?

それは・・・

日々のレッスンにおいて

自分の姿を鏡で見ているからです

 

どうやって

自分を美しく見せるか

鏡を見ながら研究しているのです

 

芸能人のようにたくさんの人に見てもらって

キレイになっていくものではありません

自分自身でもキレイになれるのです

 

だって

キレイの基準は人それぞれ

好みも人それぞれ

ご自身が好きだなと思えたらいいのです

 

格好悪いから

恥ずかしいから

なんて言っていたら

美しい所作に一歩も近づけません

 

レッスンの時間は

ご自分に集中してみてくださいね❣

 

 

そして

美しく見せるポイントがあります

もちろんレッスンの中でお伝えをしていますが

ハピバスでは

お家でレッスンできるように様々な動画を

ご用意しております

 

YouTubeはご覧になったことはありますか?

 

動画もたくさんアップしていますが

おススメは

ショートと言われる短い動画

https://youtu.be/eV5Ba0HJU0E

ぜひチェックしてみてください

そして

いいね!ボタン

チャンネル登録もお忘れなく~

 

 

 

2022.1.14
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Akie

 

 

 

お医者さんより100点もらった!!コロナ自粛中に始めた「ハピバス オンライン・レッスン」で気管支拡張症、コレステロール値&中性脂肪値が正常に!!  ーハピバス講師Harukoー

お医者さんより100点もらった!!コロナ自粛中に始めた「ハピバス オンライン・レッスン」で気管支拡張症、コレステロール値&中性脂肪値が正常に!!  ーハピバス講師Harukoー

ハピバス講師のHarukoです

 

ハピバスの一番の目的は

「元気なからだづくり」

 

元気なからだで、いつまでも好きなことを

いっぱい楽しんでいただきたいからです!!

 

そのためには、楽しいレッスンとして続けてもらえるように

ハピバス講師陣は日々全力で

趣向を凝らしてレッスンをしています

 

 

そして、時々、涙が出るほど嬉しい

生徒さんからの報告があります

今日はそんなお話です

 

『検査結果で

お医者さんから「100点」満点をもらいました!』

 

2020年3月にコロナによる

初の『緊急事態宣言』が発令され

「重症化する可能性のある疾患があるので」と

一旦スタジオレッスンを退会された生徒さんです

 

 

詳しくお聞きすると

 

その方は、子供のころより気管支が弱く

風邪を引くたびに咳が酷く出る体質で

大人になってからは

子育て時期に体調を崩し肺炎を3~4回繰り返した結果

とうとう、右肺の組織がやられてしまい

且つ『気管支拡張症』

(※気管支が拡張してしまい、ウィルス等に感染しやすい

一度拡張した気管支はもとには戻らない病気)

なのだと

 

 

更に、血管の詰まりやすい家系でもあり

「コレステロール値」「中性脂肪値」も高くて

長く薬を飲み続けているのだと

 

そんな訳で、毎月必ずかかりつけ医への通院をしていて

「血液検査」と「レントゲン」も

3か月ごとに実施していたとのことでした

 

 

 

これまでは、薬を飲んでも正常値まで下がらなかった

「コレステロール値」が今回は正常値範囲内となり

中性脂肪はなんとこれまでの半分の数値になり

 

更にレントゲンでも

肺組織の壊れてしまっていた部分の肺の影が

薄くなっていたとのこと

 

 

 

思い当たることはただ一つ!

2021年の1月より

Youtubeで「ハピバス」のレッスン動画を見ながら

運動をし始めたことと

 

そして5月からは「ハピバス オンライン・レッスン」

に参加して毎週1回1時間のレッスンを続けてきたこと

特にオンライン・レッスンではライブでの実施だったので

録画のビデオを見ながらレッスンするよりも

「やっぱり、真剣になれた!」と仰ってくださいました

 

他の生活は何も変えていない

 

そしてレッスン内容に関してのご本人の感想としては

 

「「ハピバス」の呼吸が

自分の体質改善にとても良かったように思う」

「ハピバスのレッスンで

深い呼吸(腹式呼吸)を沢山するので

それがすごく良いと感じる」と

 

 

とてもとても嬉しいご報告でした

 

これからもオンライン・レッスンを続けてください!

そしてコロナが終わったら

またぜひスタジオレッスンにも戻ってきてください!

とお伝えしました

 

「はい。続けます!」と嬉しいお返事をいただきました

 

 

そうそう、実は前々回の

5月の検査の時にも少し兆候が出ていて

「コレステロール値」はギリギリ基準値に

入るかどうかというところまで改善していたと

 

そして、この夏には『冷え性』も改善したと感じたと

例年だとクーラーのかかっている部屋にいる時は

靴下をはかなくては寒かったのが

今年は靴下をはかなくても過ごせたし

「体がよく動く」ようになったと

 

「医師さまから、とにかく「筋肉」が大事!

「筋肉を衰えさせたらダメ!!」と再三言われていたので

どんな運動をしたらいいか?探していたけど、

ハピバスのレッスンは筋肉がつくから良い」

と仰ってくださいました

 

 

 

講師としてレッスンをお届けしていて、一番嬉しい瞬間でした

 

「バレエを活用」して「元気なからだづくり」を実現するんだ!!

9年前、最初は何から手を付けたら良いのか分からず

一つ一つ手探りで実証実験しながら創ってきたレッスンの効果が

数値で結果に出て

本当に生徒さんのお役に立てていると分かることは

こんなに幸せなことはないと思います

 

ハピバスを引き続き沢山の皆さんにお届けする!

また益々やる気が湧いてきました

 

2021.10.26
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Haruko

【コラム】60代からの若返りには良い姿勢&体幹筋トレ!「ハッピーバレエ・ストレッチ」のバレエ姿勢トレーニング! ―ハピバス代表 Haruko―

【コラム】60代からの若返りには良い姿勢&体幹筋トレ!「ハッピーバレエ・ストレッチ」のバレエ姿勢トレーニング! ―ハピバス代表 Haruko―

【コラム】

60代からの若返りには

良い姿勢&体幹筋トレ!

「ハッピーバレエ・ストレッチ」

のバレエ姿勢トレーニング!


 

体力の減少を感じて

このままじゃ将来が危ないと感じている

60代女性は多いのではないでしょうか?

実際、厚生労働省のデータによると

60代女性の86%の方が

「将来の健康状態に不安を持っている」

というデータも出ているぐらいです。

出典:厚生労働省

平成19年労働者健康状況調査

「労働者の将来の健康状態に対する不安」)

 

以前は平気だったのに

今では「駅の階段を上がるとゼ―ゼ―と息が上がったり」

「重たい荷物を持てなくなってしまって

スーパーでも買い物の量を躊躇したり」

「筋力が落ちて、太りやすく痩せにくくなってしまった」

…という方も多いですね。

そんな体の変化に危機感を感じて

体力や筋力をつけて

若返りたいと思っている60代女性に向けた

運動の取り入れ方と

とにかく綺麗に若返り体幹筋力が強化できる

「ハッピーバレエ・ストレッチ」

の姿勢トレーニングをご紹介します。

 

 

【目次】

・60代女性のための運動とは?

・なんでバレエ姿勢トレーニングが良いの?

・STEP1/バレエ姿勢トレーニング方法をご紹介

  ・まずは足指と足裏のトレーニング

  ・下腹とお尻のトレーニング

  ・そしてボディー部である体幹

・STEP2/バレエ姿勢を保ったまま
更に負荷をかけるトレーニング

  ・プリエで足裏を実感しながら体幹強化

  ・ルルべで体幹強化+ふくらはぎも強化

・まとめ

 

 

【60代女性のための運動とは?】

年齢と共に体力と筋力の減少を感じている60代女性が

将来の健康維持のために

運動や筋トレを選ぶ際に気を付けていただきたいことは

『無理なく・楽しくできて・長く続けられる』

運動を選ぶことです。

逆を言うと

効果ばかりを強調したハードなトレーニング方法は

結局ほとんどの方にとって続けられないため

運動効果は無いに等しくなってしまいます。

 

例えば、筋トレは継続しないと筋力の維持はできないですし

運動不足解消にスポーツをしてみたところで

1回だけでその後運動をしないと

すぐにまた運動不足になります。

健康維持のための運動は

「定期的に実施できるもの、そして長く継続できる運動」

でないとほとんど効果が無いと言えます。

そして、「定期的に実施できるもの、長く継続できる運動」

とはどんな運動かと言うと

それが自分にとって『無理なく・楽しくできる』運動

ということになります。

「自分の体力に無理なくできるから運動をすることが

億劫にならず、楽しいからむしろやりたいと思える運動」

であることです。

 

そして

60代にとって無理なく継続しやすい運動としてオススメは

そもそも60代の体ために開発された運動です。

それらの運動は

60代の体力・筋力・バランス感覚・反射神経などを

前提としてプログラムが作られているので

実際に無理なくできることが多く

あとは運動の種類が自分の好みに合うと

楽しく継続できるので健康維持に効果的です。  

『無理なく・楽しくできて・長く続けられる』

という点ですが、案外、

すでに世の中に出回っている運動プログラムにおいて

見落とされていることが多いので注意が必要です。

ちなみに「ハッピーバレエ・ストレッチ」

はストレッチとバレエを題材とした

中高年女性の健康づくりために

一から開発された運動プログラムであり

上記のような『無理なく・楽しく続けられる』ことを

ポイントとしてプログラム構築されています。

 

【なんでバレエ姿勢トレーニングが

良いの?】

「バレエ」というと敷居が高いイメージが

先行してしまいがちですね。

確かに柔軟な体や、大きな開脚、回転、大ジャンプという

華やかなバレエの動きは

なかなか一般人には難しいものですが

でも絶対に誰もができるバレエの基本の動きがあります。

 

それが「美しくまっすぐに立つ」ことです。

 

立つことができる人なら全員が取り組めます。

そして、実はこの「バレエの美しくまっすぐに立つ」

ことこそが高い健康効果を生み出す動きなのです。

「美しくまっすぐに立つ」ことは

足指・足裏で床を押し、骨盤を真っすぐに起こし

背骨をまっすぐに伸ばすことによって作っていきます。

これがすなわち体幹筋力強化トレーニングと

バランス感覚向上トレーニングとして

非常に優れていて

中高年世代の健康効果に直結するのです。

「ハッピーバレエ・ストレッチ」では

通常60分のレッスンプログラムの中で

ただ「美しくまっすぐ立つ」という動作のトレーニングに

約10分間を費やします。

ゆっくりと自分の体の中の感触を感じて

そして一箇所一箇所正しい位置や正しいに

修正をかけていき

そしてその正しい状態のときの体の中の感触を感じて

体で覚えこむことで

完全に「美しくまっすぐに立つ」ことを

身につけられる方法です。

 

【STEP1/美しく真っ直ぐに立つ

(バレエ姿勢)トレーニング方法】

  =①足指と足裏のトレーニング=

足指と足裏の筋力が弱ると

安定して真っ直ぐに立つことができなくなっていきます。

そのため足指と足裏の筋力トレーニングを行います。

 

〈10本の足指を限界まで上げる〉
〈親指だけ下げる〉
〈小指だけ下げる〉
〈親と残りの4本の指を交互に入れ替える〉
〈親指を下げ、その後小指を下げ、中3本は上げたままにする〉

 

=②下腹とお尻の筋肉強化=

〈(骨盤を真っ直ぐに起こした状態で)
下腹に力を入れ下腹を締める〉


〈お尻の中の筋肉(中殿筋・小殿筋)
に力を入れてお尻を締める〉
〈お尻の外の筋肉(大殿筋)に力を入れてお尻を締める〉

 

=③ボディー(体幹)を伸ばす=

〈背骨を真っ直ぐに伸ばす〉
〈首の骨を真っ直ぐに伸ばす〉
〈番上に頭を乗せる〉
〈背骨が引き伸ばされ続けている感触を
感じながら外側(首・肩・腕・脇の下)の力を抜く〉

 

【STEP2/美しく真っ直ぐ

(バレエ姿勢)保ち続ける為のバランストレーニング】

  =プリエ=

〈足裏全体で床を感じながら
土踏まずの上辺りに重心を置いた状態で
足関節をゆっくりと曲げ伸ばし〉
〈上体は常に真っ直ぐに背骨を引き伸ばしたまま行う〉

  =ルルべ=

〈美しく真っ直ぐに立つ姿勢のまま、背伸び〉
〈頭の位置を高いところに残したまま降りてくる
イメージでゆっくりかかとを下ろす〉

 

 

【まとめ】

 60代からの運動には

『無理なく・楽しく・続けられる』運動プログラムを選ぶことが

健康維持という観点において非常に大切です。

運動の効果効能をばかりを謳い

消費カロリーや効果が出る部位の説明は多くても

結局ハード過ぎて続けることができなかったり

楽しくないために続けられないと

その運動プログラムの効果はゼロに等しくなります。

60代には60代の為の運動プログラムを選び

且つ自分が楽しく続けられるものを選ぶべきです。

まっすぐ綺麗な姿勢が身につき、若返り効果もあり

体幹筋力トレーニングができる「ハッピーバレエ・ストレッチ」

の姿勢トレーニングは60代のためのプログラムであり

無理なく安心です。

且つ素敵なバレエ音楽に合わせて優雅な気持ちでできるので

楽しみながら続けられる点でもオススメです!

********************************************************************************

[ ハッピーバレエ・ストレッチは

『スタジオレッスン』『オンライン・レッスン』

を実施しています!]

 

『スタジオレッスンはこちら』

  ↓↓↓

https://hapibas.com/classes/

  • 東京・関西・名古屋・岡山・広島でレッスン実施中
  • 料金は1か月5,500円~8,680円の間

 

『オンライン・レッスンはこちら』

↓↓↓

https://hapibas.online/

●全国どこからでもZOOMへのアクセスで
音声も画像もOFFで気軽に参加いただけます。

●毎週土曜日10:30~11:15までの
ライブレッスン!

●月に4回でたったの2,660円(税込)

●見逃してしまった場合も、
月会員であればレッスン録画を
アーカイブで見れるので見逃さずにすむし、
いつでも動画を見ながら自分の好きなときに何度でも
レッスンすることもできます。

●1回チケット参加は990円

 

 

2022.1.16
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス代表 Haruko

 

 

「先生、私、おなかゆるゆるで、グラグラしてうまく立てないわ。」 -講師 すみれが好き‐

「先生、私、おなかゆるゆるで、グラグラしてうまく立てないわ。」 -講師 すみれが好き‐

「先生、私、おなかゆるゆるで、グラグラしてうまく立てないわ。」

 

熱心に受講してくださる生徒さんが私に訴えて来られます。

 

レッスンの中でバレエの1番ポジションのルルベ

(足の指の付け根をしっかり折って背伸びするバレエの用語)

をする時、たまにバリエーションとしてバーから片手ずつ離して、

バランスを取ることにチャレンジしていただきます。

 

 

運動量がたくさんでない女性の方には体の軸を保つコアな筋肉や

腹筋、脚力などが足りない場合が少なくはありません。

 

・お尻の中の筋肉(骨盤底筋群)をきゅっと締めるように意識する

・上半身の重さを丹田のあたりでしっかり支え股関節にどーんと乗っからない

・できるだけ高い位置におへそを持っていく

・背骨をスーッと長く伸ばす

・身体の中に垂直にお団子の串を通すイメージで、それを誰かが上から

引っ張っているような感覚

・股関節からのターンアウト(外向きに開くこと)をできるだけ保つ

・そしてかかとの位置が高い状態で足指5本を長く伸ばし、

指の腹で床を感じる

 

 

ちょっと上げただけでもルルベのバランスにはこんな意識や

イメージを持っていただくようなお声がけが出てきます。

 

 

ルルベのバランスが取れるようになることで、

普段の姿勢への意識も変化し、姿勢が美しいと

褒められることもあるようです。

 

 

身体の条件はひとそれぞれ。身体の中のイメージもひとそれぞれ。

 

筋肉も骨も皮膚に覆われているので身体の中は見えません。

 

とにかくいろんなお声がけを試してみます。

 

 

その生徒さんはしばらくして、

「ちょっと立てるようになってきたわ。足の指をしっかり床につけて、

自分の場合はかかとをあまり高く上げ過ぎないほうが止まれるみたい。」

 

 

訓練されたダンサーの場合は足の指を付け根からグッと折って、

高い位置にかかとを持っていくのですが、

生徒さんなりにどうやったらグラグラせずにバランスを取れるか、

あれこれ考えてくださったようでした。

 

 

かかとの高さは脚力や腹筋が強化されると改善されるかもしれないと思ったので

「いいですね~!それでやってみましょう。」

とお答えしました。

 

 

その後、生徒さんのバランス保持の時間がだんだん延びてきています。

 

 

自分なりに考えて発見する、そして何より、

「バーから手を離して止まりたい!」

と強く望む姿勢が変化につながっていらっしゃいます。

 

 

色んな方向からお声がけを試してみて、

生徒さん自身がストンと落ちるイメージを選択されて

進歩する喜びを見つけてくださるといいなと思っています。

 

 

それには自分自身がどういう言葉を使ってお声がけするか

を常に学んで探していかないといけないなと感じます。

2021.3.23
ハピバス講師
すみれが好き

ハピバスの緩めるストレッチで不安に惑わされない心と軸のある身体を作っていきましょう❣-ハピバス講師 Hiromi-

ハピバスの緩めるストレッチで不安に惑わされない心と軸のある身体を作っていきましょう❣-ハピバス講師 Hiromi-

講師のHiromiです
 
 
私は小さい頃から腰の痛みがあり
ダンスやバレエで痛みを軽減し
己流で体作りをしておりました
 
劇団四季に入り
事故で頸椎を損傷してからは
さらに体のことを
もっと丁寧に見るきっかけになりました
 
 
♦波動との出会い
 
眼に見えないエネルギー波動で
 
自立神経やあらゆる臓器
リンパの流れなど学びながら
 
治癒能力を使い
身体の中の健康を取り戻せました!
 
そして
時が止まったように動かせてなかった身体
 
訛ってサビてしまった身体を再び動かせば
損傷してしまった部分こそ
損傷したままではありますが
新たな発見とともに進化して
使える身体になりました!
 
 
♦ハピバスでの緩めるストレッチ!
 
硬くなった筋肉が骨に当たる時に
痛みが発生するので
柔らかくする方法を知りました
 
腰椎に関してもすべり症を持っていますが
どちらも正しい筋肉の使い方
姿勢を整えることによって痛みは軽減し
更にもっと日常の自身のケアが
自分で整えられます!
 
 
 
♦心も穏やかに!
 
体と心は繋がってるけど
疲れて離れてかちこちになっていませんか?
 
そして、その繋げる方法を知れば
新たな楽しい人生のスタートが待っています!
 
世の中の辛い状況に不安に戸惑う中
強く逞しく気持ちのモチベーションをあげて
惑わされない心と軸のある身体をつくり
楽しく私たちと共に今を生きていきましょう!
 
ハピバスでお待ちしております
 
 
 
2021.10.12
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師 Hiromi
 

BTSジミンになりたい私① ~推しのススメ~ ー講師AKIEー

BTSジミンになりたい私① ~推しのススメ~ ー講師AKIEー

講師のAKIEです

 

憧れる人っていますか?

私はBTSのジミンです😍

 

美しいでしょ✨

この美しさは彼が積み上げてきた努力の賜物

ジミンはデビュー間もない頃は

「芋ジミン」と言われていました

 

26歳の若い彼からたくさんの事を学んでいます😊

ファンをどうやったら楽しませることができるか

自分はどう成長したらいいか

いつもいつも考え自分を磨いています✨

 

そこで私もジミンを見習って自分磨き

私が注目したのは

ジミンの長い首と美しいデコルテ😍

 

私はハピバスを始める前は

猫背でいかり肩でした

そして首が短い

 

ハピバスのレッスンでは

首を回したり肩をほぐしたりする時

集中して意識して動かしていました

 

始めてから一年がたったころ

講師の先生たちから

「デコルテがすっきりした✨」

と誉めていただくようになりました

 

こうして私はジミンハピバスレッスンのおかげで

なりたい自分になることができました!

 

目標とする人がいるということは

モチベーションupにもつながります。

 

いつかライブでジミンちゃんに会ったときに😍

変なおばさんって思われないよう

頑張るつもりで~す🤣(既に変なおばさんですが・・・)

 

まだまだジミンの魅力!?とハピバスレッスンの素晴しさを

お伝えしていきたいと思います✨

 

20210512
ハピバス講師
AKIE

じゃあ一緒にハピバスやろう!自信をもってお届けできるレッスン♡「因島初のハピバス体験レッスンを開催!」-ハピバス講師 Yachiho-

じゃあ一緒にハピバスやろう!自信をもってお届けできるレッスン♡「因島初のハピバス体験レッスンを開催!」-ハピバス講師 Yachiho-

こんにちは!

広島県・因島クラス担当講師のYachihoです

 

何だか「講師です!」と名乗ることが

まだまだ気恥ずかしく慣れないのですが

講師になったということより

とにかく因島にハピバスのクラスが

誕生したということが嬉しくてうれしくて

早く沢山の人に知ってハピバスの気持ちよさを

体験してほしいという思いで一杯なのです♡

 

その記念すべき第一回目のレッスンは

9月14日(火)午前中にスタートしました

何と!8名もの体験者の方が参加してくださり

皆さん「気持ちよかったー」と言って帰っていかれましたよ

 

6名がバレエ未経験者

2名が大人からバレエを始めている方です

年齢は40代前半~70代までで

普段から歩いたり山登りしたりと

しっかり運動している方もいれば

足が痛くてもう何年も運動からは遠ざかっているという方も

とにかく年代も違えば

体力も痛いところもまちまちな8名です

 

最初は、こんなにバラバラな皆さんを

うまく引っ張っていけるかなあ?とても不安になりましたが

さすがはハピバスのプログラム!

やりだすとそんな不安は吹き飛んで

皆さんそれぞれがゆったりと自分の身体に向き合う時間を

持てたのではないかなと思います

 

終わった後、大体は前向きな感想が多かったのですが

外反母趾がひどく腰が痛いという70代の方からは

「気持ちよかったけど、私、皆さんについていけないわ。

プリエも出来ないし、、、。

自分の身体を自分で支えられないのよ、、、。」

という、すこーし後ろ向きな感想もありました

 

もともと運動は苦手だったのが

あちこちに痛みが出てきてさらに運動しなくなって

腰や肩周りなどはひどく筋肉が硬くなってしまっていたのです

 

でも、これって本当に多くの方に見られる傾向で

このような負のスパイラルに陥っている方は

整体やマッサージなどの施術でやり過ごし

一時しのぎで経年劣化を仕方ないで諦めているのです

 

そして私も以前は

そのような方のことは

もう仕方ないのかな

慣れない運動をして怪我をしてもいけないし

と見てみたいをしていたのです

 

でも、今回は違います!ハピバスがあるんですもん!

 

いつの間にか

「じゃあ一緒にハピバスをやろう!

絶対自分で楽に立てるようになるから!」

と自信をもって、お伝えしていたのです

どんな体操をやってみても

なかなか続かなかったという人こそ

ハピバスにチャレンジしてみて欲しいと思っています

 

もちろん、良かった感想も沢山いただいていますので

以下ご紹介しますね

 

「なんだが血行がよくなったのかポカポカしています。」

「適度なゆっくりストレッチだから続けていけそう」

「Yachihoさんの心地よい解説くださる声に癒されたよ。」

「とっても気持ちよく身体がほぐれた気がします」

「すっきりしました!」

「音楽がずーっとあるのが良かったな。楽しかったあー」

「すごい有意義な良き時間でした」

「なかなか自分の身体をじっくり見つめる時間って

日常生活にないことだけど

実は生きていく上で1番大切な

基礎的なことだなあ~って感じました。」

「ほんと、スケジュール可能な方は

全員必須でやってもらいたいと思いました。」

「80才!私も素敵な現役おばあちゃんでいたいなあ~!

私もその頃には、バレエ

簡単なステップでもいいから踊って元気な姿でいるのが目標

まだまだ人生これからよね!」

 

ぜひ一度、みなさん体験してみてくださいね!!

お待ちしています♡

【因島クラス】毎週火曜日10:00~11:00

広島県尾道市因島三庄町2154-1(スタジオSHIP)

連絡先090-4295-4611

 

 

 

 

2021.10.16
[ハピバス広島]因島
ハピバス講師 Yachiho

アーカイブ