コラム

楽しむことに年齢は関係ない! ‐講師AKIE‐

楽しむことに年齢は関係ない! ‐講師AKIE‐

講師のAKIEです!
バレエは子供のころ、6歳から18歳までの12年間
愛媛県の松山市で習っておりました。

 

先生はもう亡くなりましたが、元タカラジェンヌだった先生です。
スレンダーな先生でとてもかっこいい先生でした。

 

週2回のレッスンはあまり好きではありませんでしたが
年に1回の発表会に出るのが楽しみでバレエを続けていました。

 

そんな中、中学の修学旅行で宝塚歌劇をみて

「宝塚の舞台に立ちたい!」

と思うようになりました。

 

それからは、バレエが好きというよりも
宝塚音楽学校に入りたいという一心でバレエのレッスンに励むようになったのです。

高校時代は宝塚一色の生活を送りました。

 

春休みなど長期休みには愛媛からフェリーに乗り宝塚歌劇を見に行くようになりました。

 

あの頃は、星組の紫苑ゆうさんのファン。

 

音楽学校を2回受験しましたが、不合格になり宝塚をあきらめて大学進学することにしました。

 

大人になってからバレエは趣味で習っていたことがありますが
夫が転勤族であり、子育てもあって続けることが困難になりました。

 

踊ることが好きなのでバレエのほかにjazzダンス、Hiphop、フラメンコを
習った経験があります。

 

昔宝塚にはまっていたこともあって、

私は何かにすぐにはまってしまうようです?。

 

今までは、

嵐、三代目のファンクラブに入り、

年に2つのグループ合わせて7回はコンサートに行っていたこともあります。

今は、嵐活動休止ということもあって、

このコロナ禍でBTSのファン「ARMY」となりました。
ちなみにジミンのファン?。

 

嵐から始まってBTSのファンとなり、ファン層は段々若いグループへと変わってきました。

年を取ると自分で枠を作りがちですが楽しむことに年齢は関係ないと思います!

 

若い人たちとコンサート会場で歓声を上げるのはとても楽しいです!
(残念ながら、まだBTSのライブにはこのような状況なので行けていないですが…)

 

まだ、40代ですが、もうすぐ50。

自分の気持ちに素直にそして行動は自由に、いろんなことに挑戦したいと思っています?!

 

バレエを習ったことがなくて、でも一度やってみたい!
そう思う40代以上の方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

 

また、ダンス始めたいと思う方、ダンス苦手だけど始めてみたい方
まずは、体幹を作ってみてはどうでしょうか?

 

ハピバスの生徒さんは、ほぼ全員がバレエ経験のない方ばかりです。
体幹を作り、美しい姿勢を作っていきます。
体作りから始めてみませんか?

 

ぜひ、一度体験してみてください。

 

私のクラスでは、

嵐、三代目、EXILE、K-POP、BTS、ジミンファン?。
そして、何かにはまっている皆さんお待ちしております?!!

2021.3.22
ハピバス講師
AKIE

「絶対安静」を経験して (私が講師になった理由 ‐講師MIKI‐)

「絶対安静」を経験して (私が講師になった理由 ‐講師MIKI‐)

私は子育てと少々の仕事と趣味のバレエをしながら40代を送っていました。

 

50歳になってしばらくすると、積み重なっていた心身の疲労が限界に達したのでしょう…

 

ある日を境に、
今まで経験したことのない倦怠感と象の足のような腫れ、
とにかく足が痛くて曲がらない、
起きられない、
歩けない状態になりました。

 

薬を飲んで「絶対安静」。

 

いつ治るのか、このまま体が動かなかったら…
私の人生って…
ずっと動ける体が当然と思っていた私にとって、強烈なパンチでした。

 

今まで他人事と思っていた「老いる」事、
自分も確実に向かっているという事実。

 

子供の事だけでなく、
自分の人生を考えるキッカケとなったのです。

 

日本は少子高齢化問題が切実で、これから高齢者は増加する一方です。
財政や人材が破綻しないためには、
寝たきり状態になる人を一人でも減らし、
多くの人に健康な人生を送ってもらう方法を考えた方が早いと思いました。

 

私も自分がずっと趣味のバレエが出来る体でいようと決心するとともに、
健康な体で人生を過ごせるお手伝いがしたいなと思うようになりました。

 

でも何から始めたらいいかわかりません。
手探り状態で自分の出来る事からこなしていったら、
このハピバス講師に出会ったのです。

 

人の体は一つの癖が次の癖に、
一つの不調が次の不調に繋がります。

 

ハピバスはこの癖を薄皮を剥がすように少しずつ直し、
体の調子を整えていきます。

 

私も自分の体で日夜研究しながら改良中。

 

絶対安静と言われた頃の私よりずっとずっと体は楽です。

 

是非とも皆様も一緒に、楽な体になって有意義な人生歩んでいきましょう。

 

ハピバス講師
MIKI

バレエで美しく、そして楽しく健康に!?(私が講師になろうと思ったきっかけ ‐講師AYANOー)

バレエで美しく、そして楽しく健康に!?(私が講師になろうと思ったきっかけ ‐講師AYANOー)

はじめまして!AYANOです?

ご覧下さりありがとうございます!

 

初回のブログ…ということで、

ちょっと緊張しています?笑

 

今回のテーマは

「講師になろうと思ったきっかけ」

 

バレエを

幼少期の人間育成や

プロになるためのスキル向上だけでなく、

健康に使うことができるなんて!

とわくわくするようになった過程と、

どんな方にハピバスをおすすめしたいかを

お伝えしようかと思います。

 

 

 

◇自己紹介

・バレエ漬けの中学時代とこころの病気

 

生まれも育ちも大阪で、

幼い頃からバレエをしていました。

 

中学生の頃は、

「プロのバレエダンサーになりたい」

という思いも頭の片隅に置きながら、

寝ても覚めても、大好きなバレエに

どっぷり漬かるような毎日を送っておりました。

 

ですが、中学二年生の頃から

謎の動悸と息切れなどの体調不良に悩まされ、

そして怪我もあったことから

毎日のレッスンやプロを目指すのを断念。

 

 

 

・自分と向き合う大切さと、一緒に成長できる喜びを感じた高校時代

 

その後も謎の動悸と息切れなどの体調不良は続き、

動けなくなる日もしばしば。

三年の時を経て、やっぱりおかしい!と

心療内科を受診。

心療内科の先生がおっしゃるには、

うつ・自律神経失調症だと言う事でした。

 

そこではじめて、

私は今までたくさんのストレスを抱えていて、

動けなくなるのは私が怠惰なだけじゃなかったんだ!

ということや

今までは「表現すること=アウトプット」ばかりを行っていたけれど、

もっと自分と向き合うことを大切にしたい!

と思うようになりました。

 

中学生で毎日バレエをするのは卒業しましたが、

表現をするのは好きだったので

高校生からは細々とバレエと付き合う日々。

ひょんなことから、

同年代のバレエ初心者の方に

バレエのコツを教えることになりました。

ありがたいことに

「わかりやすい!」「ありがとう!」

なんて嬉しいことも言ってくれ、

「え?私教える才能もあるのかも?」

なんて調子に乗ってみたり(笑)

 

今まで私が当たり前にやってきたことを言語化することで

私自身も思考が整理されるだけでなく

自分のこころやからだと向き合い、深く知ることができ、

なおかつ

彼らがどんどん踊りを楽しんでいるのを見て、

一緒に成長できることの喜びに気付きました。

 

 

 

・バレエで健康になる!ハピバスとの出会い

 

自分と向き合う大切さと

一緒に成長できる喜びをバレエで感じたものの、

当時私の中で“バレエの先生になる”ということは

“プロを目指す方を指導する”

ということだと思っておりました。

私がかつて教えていただいていた先生も

キラキラ素敵な方ばかりで、

「私がそんな素敵な先生になれるのか…!?おこがましすぎやん…!」

と思っておりました?笑

 

一般の大学に通い、普通に就職しようと思いましたが、

就活をしていても、

会社で仕事をしている姿が

もう全くもってイメージできないんですよね!!!笑

 

良く言えば、軸があって一直線!

悪く言えば、頑固!!??笑

そんな私がむくむく湧いて出て、

「私にできることで、誰かの役に立ちたい!」

と そう思い、

そのときもやっぱりバレエが浮かんで、

「バレエを、バレエそのものの技術としてだけでなく、

もっと身近に利用できるようなことはないかな?

そういうことなら、私も指導者として関われるかもな〜」

と考えておりました。

 

そんなタイミングで、

どこで見つけたのかハピバスのホームページを探し当て、

即連絡!!!!笑笑

ハピバスに加わることになりました?

 

 

◇私がレッスンで大切にしていることは、自分と向き合うこと

 

私がこころの病気をしていることもあり、

自分と向き合うことは何よりも大切にしています。

 

自分と向き合うと何が良いかって、

自分のからだの『HELP!』が聞こえるようになり、

「ここまで頑張るとやばいな!」

ということがわかるようになってくること。

 

それは自分のからだ全身だけでなく、

部位で『HELP!』を出すことも。

 

そうすると、

「ここまで頑張らないでいいんだな、頑張ってくれてありがとう〜」

「その頑張りを、別の部位に充てよう!」

とすることができます?

 

そうやって、

日々、ちびちびと自分のからだを研究して

必要最低限だけ きゅっ!と引き締めて、

それ以外は頑張らずにのんび〜り

することができますよね♪

 

これは、こころでも言えること。

自分自身のからだと向き合うことで、

こころを知ることができる。

そして、逆も然りで、

こころと向き合うことで

からだを知ることができます。

 

私自身がそう思って伝えているのもあり

特に、自分と向き合うレッスン最初のストレッチでは、

生徒の皆さんは目を閉じて、自分と向き合って下さいます。

ほんと、私の姿なんて見てはりません!!!笑

でも、それが良いんです?

 

 

◇このような方、是非レッスンにいらしてください♪

 

いつも家族や会社のことばっかり考えちゃって

なかなか自分のことをかんがえられない…

 

なんだかからだがカチカチだなぁ。

自分自身で、からだをゆるめていきたいなぁ…!

 

姿勢が良くないのはわかってるんだけど…

でもいったい、どこをどうしたらいいの…?

 

ザワザワする毎日から、

ちょっぴり非日常に行きたいなぁ!

 

 

ハピバスは、残念ながら

1レッスンで効果がある!

短期間で変わる!

ということはありません。

 

ですが、時間をかけ、

自分と向き合えば向き合うほど

美しく、健康になっていきます✨

 

 

 

あなたも、

クラシック音楽が流れる ちょっぴり非日常な空間で、

自分自身と向き合い、

どんどん美しく、楽しみながら健康になりませんか?

 

あなたにお会い出来るのを楽しみにしております♡

 

ハピバス講師
AYANO

皆さんの健康づくりのサポートをしたい!(私が講師になった理由 ‐講師RUKA‐)

皆さんの健康づくりのサポートをしたい!(私が講師になった理由 ‐講師RUKA‐)

「みんなの前で、見本で踊ってくれる人~?」

 

幼稚園の先生の問いかけにすぐ手を挙げるほど、私は踊ることが好きでした。

 

小学校一年生の頃にバレエを習いたいと両親にせがみ、スタート。
私は夢中で練習しました。

 

踊りの上達とともに、気づけばひどかったO脚が改善されました。

 

自然と姿勢も良くなり、どこに行っても褒めてもらえました。

 

大学卒業後、海外のダンスカンパニーのオーディションを受けたり、
バイトをしながら舞台に立ったりしているある時、
バレエ講師をやらないか、というお誘いをいただきました。
その頃私は、今まで自分の夢のためだけに踊りを続けていましたが、
それに何か違和感を覚え始めていました。

 

自分のためよりも、私を応援して下さっている方々や、
バレエをやってみたいと思っている方に、バレエの良さや楽しさを伝えたい。

という気持ちを持ち始めていました。
それで、すぐにこの話を受けることにしました。こうして、私は講師への第一歩を踏み出しました。

 

 

そして、私が現在指導している場所の一つがハピバスです。

バレエのイメージは
・子どもから習っていないとできない
・体がかたいと無理
という声が多いです。

 

その不安を解消してくれるのがハピバスです。

 

ハピバスとは、「ストレッチ」と「バレエ姿勢」を活用して、
大人の女性のhealthy & beautifulを叶えるレッスンです。

ハピバスでは《ゆっくり丁寧に指導》がベースにあります。

ですから大人からでもすぐに始めることができます。

レッスンを受けるうちに体も徐々にやわらかくなります。

 

思い返してみて下さい。
体に不調がある時は、何をするにも億劫になっていませんか。
思考もマイナスになりがちではないでしょうか。

 

体が元気だと、あれをやってみよう!もっとこうしたい!
と前向きな気持ちになれると思います。
自分の好きなことができるとハッピーな毎日を送ることができますよ。

 

皆さんが、楽しく毎日を過ごすことができるように、私もサポートさせていただきたいと思っています。
是非、一度レッスンにお越し下さい!

2021.3.28
ハピバス講師
RUKA

劇団四季での挫折も経験し、体についての勉強を経て、商工会の事業相談セミナーを機にハピバス講師に!?(私が講師になった理由 ‐講師HIROMI-)

劇団四季での挫折も経験し、体についての勉強を経て、商工会の事業相談セミナーを機にハピバス講師に!?(私が講師になった理由 ‐講師HIROMI-)

はじめまして!
ハピバス講師のHIROMIです。

 

ハピバスと出会う前、
私は沢山の挫折体験をしてきました(今では貴重な経験となっています?)。

 

小さい頃は呼吸器が弱かったため、
身体づくりの為に小4より宝塚コドモアテネで声楽・日本舞踊・バレエを学びました。

 

人間関係でいろいろとあり、
小学生時代から社会を辛く感じていました。

 

22歳で劇団四季に入り、
胸いっぱいワクワクしていたのもつかの間、

 

レッスン中の事故で「頸椎損傷」し、
同時期に「人間関係にも疲れはて」、
続いて「腰椎までも損傷」…。

 

そして、踊れずに「鬱」に。

 

 

 

その後はどの仕事についてもなかなかしっくりこず、
自分自身の身体ケアをしていく中で、
身体ケアにかかわる仕事がしたいと言う気持ちが芽生え、
波動の治療や様々なことを学び、チャレンジしました。

 

 

そんなある日、
職場で【商工会の事業相談セミナー】のチラシを見つけました。

初めは自身で事業を始めようと参加したのですが、

セミナーで、ハピバス代表のHARUKOの話を聞いて、
直感で!!
やってみたい!!と思ったのでした。

 

ハピバスで出逢えた世界に、
私自身、心も身体も癒されました。

 

そして、これまでの怪我やいろいろな不調を乗り越えた経験を生かせると確信。

 

ボロボロだった心と体が、喜び、ワクワクするのを感じました。

 

今、心と身体で悩んだり・迷ったり・苦しんでいる方々に幸せのバレエ・ストレッチ!

 

? hapibas ? で心をリラックスさせ自分自身に笑顔で、

 ♡私って素敵!♡って身体が喜ぶことをしませんか!

 

自分の身体を感じて・理解し・褒めてあげる!

身体も心も癒しましょう!

2021.4.3
ハピバス講師
HIROMI

ハピバス誕生秘話 ~2つのきっかけと1つのチャンス~    

ハピバス誕生秘話 ~2つのきっかけと1つのチャンス~    

「あれ?冷え性が治った!!」

 

それは週に1回の「大人から始めるバレエクラス」に通い始めて1年が経ったころでした。

 

バレエ仲間に話してみると、みんなも口々に、
「体力がついた」
「肩こりがマシになった」
「風邪を引かなくなった」
「姿勢が良くなった」
全員が何かしらの効果を得ていました。

 

バレエ仲間は、私と同じ様にバレエをはじめたばかりの、普段は会社で働く20代~40代のバレエ仲間でした。

 

バレエをすると、体調が良くなる!
レッスン仲間全員が感じているということは、これは間違いない事実だな!!
確信が生まれました。

 

それなら、
「楽しくて体調も良くなるから、もっとみんながやったら良いのに…。」
「体調が悪いと言っている人がやったら良いのに…。」
その想いが私の心の中に小さく小さく芽生えました。
バレエを初めて1年目のことです。

 

 

「ウィーンに行こうよ!」

母を旅行に誘って帰ってきた返事は、「自信がない…。」。

 

「長時間の飛行機に乗る自信がない。」
「旅行に行くために、家のことや仕事を片付ける自信がない。」
「体力が不安。」
「気持ちが不安。」
と言うのです。

 

当時、50代後半の母親。
特に病気もないのに何を言っているのだろうと一瞬思ったのですが。
直後に気づきました。
「ああ、更年期かな…。もしくは鬱っぽい…。」

 

娘から見る母親の環境は、特に不安に思う要素なんてないのに。
病気もしてないし、家族もいるし、生活に不安もないし、
体力だってそんなに落ちているわけでもないのに。

 

でも、母の気持ちは完全に落ち込んでいて、鬱々としていて、辛そうでした。
どうしたら母が辛い状態から抜け出せるのかな?
軽い運動ができたら良いのに…。
きれいな音楽、きれいな所作、楽しいステップを踏めるバレエをさせてあげられたらと思いました。

 

「でも、60歳近い年齢で、何十年も運動をしていない普通の主婦が、安心して習いに行けるバレエレッスンはほとんどない。」
諦めるしかない…。
バレエを初めて5年目のことです。

 

 

「老人ホームでバレエレッスンをしてみようよ!」

こんなバレエ仲間からの誘いに、私は飛びつきました。

 

ずっと心に引っかかっていたけど、現実にできなかったことを、実現できるチャンス!

 

「バレエをすると体調が良くなるから、中高齢でも安心してできるバレエレッスンがあればいいのに。」
「中高齢からでもバレエレッスンができる場所があれば、きっと喜んでくれる人は沢山いるはず。」
というずっと心の中に引っかかっていた考え。

 

一人じゃスタートできないけど、仲間と一緒にやるならきっとできる!!
バレエを始めて7年目のことでした。

 

 

 

そうして、スタートを切ってから8年が経ちました。

 

ボランティアで2年、個人事業で2年、会社を創って4年。
どんどん講師が増えて、生徒さんが増えて、
少しずつ 少しずつ、考えていたことが現実になっていってます。

 

2019年大阪の淀屋橋にスタジオを創り。
2021年5月より、オンラインレッスンも開始します。

 

これから全国に、ハピバス(=happy ballet stretch)をお届けします。
「ストレッチ」と「バレエ姿勢」トレーニングで、
楽しく、健康的で、キレイで、幸せに!!

 

2021.3.20

ハピバス講師
SAY株式会社 代表
HARUKO

40歳を過ぎてもう一度踊りたくて (私がハピバス講師になった理由 ‐講師Mamiko‐)

40歳を過ぎてもう一度踊りたくて (私がハピバス講師になった理由 ‐講師Mamiko‐)

小さいころから踊ることが大好き!
音楽が鳴れば自然と体が動いてしまう私。
それは還暦を過ぎた今も変わっていません!(笑)

でもこの年までまさか、自分がバレエを踊っているとは思ってもみませんでした。
両親が生きてたらびっくりするだろうなぁ(^-^;

 

私の骨格ではバレリーナには向かないと一度諦めたバレエ。
でも40歳を過ぎてもう一度踊りたくて再開しました。
踊ることがただただ楽しくて夢中になりました。

 

おばさんバレエって恥ずかしい?!いいえ、そんなことありません。
いくつになっても始めることはできます!

 

うまくできなくても、体を動かしたり振りを覚えたり頭を使うことは頭の体操にもなります。
そして続けるとレッスンがどんどん楽しくなります!

 

私も楽しすぎて
「もっと踊りたい!」
「もっとうまくなりたい!」
そう思って一生懸命練習してきましたが、年齢と共に怪我が増え無理がきかなくなってきました。

激しい練習をすれば身体を傷める。。。
どうしたら怪我をせず少しでも長く踊れるか研究勉強しました。

 

そして自分の体がわかればわかるほど、人間の体ってつながってるのね!
「不思議!」
ととても面白くなりました。

 

正しい位置で体を使えば体に負担なく楽に動ける。
「なるほど!」
と知識と体が繋がった時の快感!!
ぜひ皆さんにも体感していただきたいと思います。

 

皆さんの中にも長年の癖や毎日のお仕事で肩こりや腰痛など悩みを抱えてらっしゃる方はたくさんいらっしゃると思います。
ハピバスレッスンは呼吸から始まり、リラックスして体の力を抜いていきます。
そしてそのあと体幹を鍛えていきます。

 

年齢がいっても正しい体の使い方を体が思い出せば、必ず少しずつでも体は変わっていきます。

 

体が硬いから。
痛いから。
年だから。
とあきらめないでください!

 

少しでも楽に!
そしてバレエで培われる美しい姿勢やデコルテを、ぜひ手に入れてほしいと思います!
そのお手伝いができればとても嬉しいです。

 

一緒に美しく年齢を重ねていきましょう!

 

まずは最初の第1歩!
踏み出してみませんか?

2021.3.21
ハピバス講師
Mamiko

アーカイブ