コラム

バレエで美しく、そして楽しく健康に!?(私が講師になろうと思ったきっかけ ‐講師AYANOー)

バレエで美しく、そして楽しく健康に!?(私が講師になろうと思ったきっかけ ‐講師AYANOー)

はじめまして!AYANOです?

ご覧下さりありがとうございます!

 

初回のブログ…ということで、

ちょっと緊張しています?笑

 

今回のテーマは

「講師になろうと思ったきっかけ」

 

バレエを

幼少期の人間育成や

プロになるためのスキル向上だけでなく、

健康に使うことができるなんて!

とわくわくするようになった過程と、

どんな方にハピバスをおすすめしたいかを

お伝えしようかと思います。

 

 

 

◇自己紹介

・バレエ漬けの中学時代とこころの病気

 

生まれも育ちも大阪で、

幼い頃からバレエをしていました。

 

中学生の頃は、

「プロのバレエダンサーになりたい」

という思いも頭の片隅に置きながら、

寝ても覚めても、大好きなバレエに

どっぷり漬かるような毎日を送っておりました。

 

ですが、中学二年生の頃から

謎の動悸と息切れなどの体調不良に悩まされ、

そして怪我もあったことから

毎日のレッスンやプロを目指すのを断念。

 

 

 

・自分と向き合う大切さと、一緒に成長できる喜びを感じた高校時代

 

その後も謎の動悸と息切れなどの体調不良は続き、

動けなくなる日もしばしば。

三年の時を経て、やっぱりおかしい!と

心療内科を受診。

心療内科の先生がおっしゃるには、

うつ・自律神経失調症だと言う事でした。

 

そこではじめて、

私は今までたくさんのストレスを抱えていて、

動けなくなるのは私が怠惰なだけじゃなかったんだ!

ということや

今までは「表現すること=アウトプット」ばかりを行っていたけれど、

もっと自分と向き合うことを大切にしたい!

と思うようになりました。

 

中学生で毎日バレエをするのは卒業しましたが、

表現をするのは好きだったので

高校生からは細々とバレエと付き合う日々。

ひょんなことから、

同年代のバレエ初心者の方に

バレエのコツを教えることになりました。

ありがたいことに

「わかりやすい!」「ありがとう!」

なんて嬉しいことも言ってくれ、

「え?私教える才能もあるのかも?」

なんて調子に乗ってみたり(笑)

 

今まで私が当たり前にやってきたことを言語化することで

私自身も思考が整理されるだけでなく

自分のこころやからだと向き合い、深く知ることができ、

なおかつ

彼らがどんどん踊りを楽しんでいるのを見て、

一緒に成長できることの喜びに気付きました。

 

 

 

・バレエで健康になる!ハピバスとの出会い

 

自分と向き合う大切さと

一緒に成長できる喜びをバレエで感じたものの、

当時私の中で“バレエの先生になる”ということは

“プロを目指す方を指導する”

ということだと思っておりました。

私がかつて教えていただいていた先生も

キラキラ素敵な方ばかりで、

「私がそんな素敵な先生になれるのか…!?おこがましすぎやん…!」

と思っておりました?笑

 

一般の大学に通い、普通に就職しようと思いましたが、

就活をしていても、

会社で仕事をしている姿が

もう全くもってイメージできないんですよね!!!笑

 

良く言えば、軸があって一直線!

悪く言えば、頑固!!??笑

そんな私がむくむく湧いて出て、

「私にできることで、誰かの役に立ちたい!」

と そう思い、

そのときもやっぱりバレエが浮かんで、

「バレエを、バレエそのものの技術としてだけでなく、

もっと身近に利用できるようなことはないかな?

そういうことなら、私も指導者として関われるかもな〜」

と考えておりました。

 

そんなタイミングで、

どこで見つけたのかハピバスのホームページを探し当て、

即連絡!!!!笑笑

ハピバスに加わることになりました?

 

 

◇私がレッスンで大切にしていることは、自分と向き合うこと

 

私がこころの病気をしていることもあり、

自分と向き合うことは何よりも大切にしています。

 

自分と向き合うと何が良いかって、

自分のからだの『HELP!』が聞こえるようになり、

「ここまで頑張るとやばいな!」

ということがわかるようになってくること。

 

それは自分のからだ全身だけでなく、

部位で『HELP!』を出すことも。

 

そうすると、

「ここまで頑張らないでいいんだな、頑張ってくれてありがとう〜」

「その頑張りを、別の部位に充てよう!」

とすることができます?

 

そうやって、

日々、ちびちびと自分のからだを研究して

必要最低限だけ きゅっ!と引き締めて、

それ以外は頑張らずにのんび〜り

することができますよね♪

 

これは、こころでも言えること。

自分自身のからだと向き合うことで、

こころを知ることができる。

そして、逆も然りで、

こころと向き合うことで

からだを知ることができます。

 

私自身がそう思って伝えているのもあり

特に、自分と向き合うレッスン最初のストレッチでは、

生徒の皆さんは目を閉じて、自分と向き合って下さいます。

ほんと、私の姿なんて見てはりません!!!笑

でも、それが良いんです?

 

 

◇このような方、是非レッスンにいらしてください♪

 

いつも家族や会社のことばっかり考えちゃって

なかなか自分のことをかんがえられない…

 

なんだかからだがカチカチだなぁ。

自分自身で、からだをゆるめていきたいなぁ…!

 

姿勢が良くないのはわかってるんだけど…

でもいったい、どこをどうしたらいいの…?

 

ザワザワする毎日から、

ちょっぴり非日常に行きたいなぁ!

 

 

ハピバスは、残念ながら

1レッスンで効果がある!

短期間で変わる!

ということはありません。

 

ですが、時間をかけ、

自分と向き合えば向き合うほど

美しく、健康になっていきます✨

 

 

 

あなたも、

クラシック音楽が流れる ちょっぴり非日常な空間で、

自分自身と向き合い、

どんどん美しく、楽しみながら健康になりませんか?

 

あなたにお会い出来るのを楽しみにしております♡

 

ハピバス講師
AYANO

センター制作の裏側〜こんな思いでセンターを作っています! ーハピバス講師 Ayanoー

センター制作の裏側〜こんな思いでセンターを作っています! ーハピバス講師 Ayanoー

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

 

 

今月のセンターもお楽しみいただけましたでしょうか?

 

 

センターを作るとき

どのような曲で踊ろうかな?

どんな振り付けにしよう?

どのくらいの難易度だったらいいかな?

…ととっても悩みます

 

でも、少し軸を作ると、とても考えやすくなりました✨

 

 

今回は、どんな思いでセンターを作っているか?

私の思いをシェアしたいと思います!

 

 

まず1つ目に

ぱっと見たときに「楽しそうだな〜♪」と感じること

やっぱり何事も、楽しくないと意味がないと思うんですよね

 

センターを”踊り”として楽しんでくださってる方にも

”脳トレ”や、”体力づくり”として楽しんでくださっている方にも

一番最初に「楽しそうだな〜♪」という印象があれば

「次どっちの足出せばいいのかわからーん💦」

と挫けそうになっても、ちょっと頑張ってみようかな

という気持ちに戻ってくるのが

しんどくないと思うんです(笑)

 

 

そして2つ目に

手を伸ばせば届くかもしれない!という難易度

どえらい難しくて「こりゃ無理だ…😱」と思ってしまったら

やっぱり先に進めないと思います

 

でも簡単すぎても

ワクワク感や挑戦のエネルギーが湧きにくいもの

ですので

”手をグーンと伸ばせば完成まで届くかもしれない!”

という感じ

 

「届きそうだけど、すぐには届かない

    でも少しずつ近づいていく!」

心にメラっと炎が灯るような

難易度になればいいなと思っています!

 

 

そして最後3つ目は、

2ヶ月間踊り終わった後

「ちょっと待って!あと2週間ちょうだい!」

という気持ちになること 笑

 

言い方を変えると

「次回へ向けての改善点が見つかること」です

 

「わー!完璧にやり切った!満足満足♪」となると

そこで終わってしまうというか、区切りがついてしまうというか

お腹いっぱいになった後に

ふうと一息、眠たくなる感じに似ていると思うんです

 

でも「もうちょっとここをこうすれば良かった!」

という腹八分目状態になると

次回に向けての目標を

肌で、身体で感じることができませんか?

 

2つ目にも書きましたが

「届きそうだけど、すぐには届かない

    でも少しずつ近づいていく!」

という、心にメラっと炎が灯るような🔥

そしてそのメラっと灯った炎を

次回のセンターにも繋げていければいいなと思っています!

 

 

今回は、センター制作の裏側

「私がこんな思いで作ってるよ」を皆さんにお伝えしました

いかがでしたでしょうか?

届かせるつもりで、結局完璧には届かへんのんかーい!!笑

ちょっとSっぽい感じを感じていただけましたか?😂笑

 

これからも皆さんは、新しいセンターを覚えて、踊っていきます

その時に、『完璧にならなくていい』

というのを忘れないでください

『ちょっと悔しい程度がちょうどいい』

と思っていてください

 

そのワクワク感と

動きが身についているという実感を持つために

担当講師がクラスの雰囲気に応じて難易度を調整します

講師と一緒に、階段を1段ずつ丁寧に登っていきましょう♪

…動画で振り付けを覚えて

いきなり3段飛ばしで登るもよし😲!?ですが…

無理は絶対禁物ですよ!!!!笑笑

 

 

センターへの質問や、こんな曲でやってみたい!

などございましたら、担当講師に教えてくださいね✨

まってまーす!!♡

2021.7.7
ハピバス講師
Ayano

シュッ!と美しい軸を作るために✨ 7月のセンターのご紹介 -ハピバス講師 Ayano-

シュッ!と美しい軸を作るために✨ 7月のセンターのご紹介 -ハピバス講師 Ayano-

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

 

5・6月のセンターはどうでしたか?

楽しく出来ましたか??

楽しく出来ていたなら何より嬉しいです!!!

 

 

ハピバスのセンターは、完璧に行わなければならないものではありません🙅‍♀️

整った姿勢で、軸を感じて、振り付けを一つずつ覚えて、

1回目より2回目が、そして2ヶ月が終わる頃にはさらに、

😊スムーズになっている!

😆軸がぶれなくなった!

😍きれいに踊れるようになった!

とワクワクしちゃう気持ちになることが目標です🍀

 

 

7月のセンターは基礎練習!

しっかり軸を感じられるように、

一歩ずつ、美しく踊る階段を登っていきましょう♪

 

 

 

 

7月は、「パ・ド・ブレ」を練習します!

前回のセンターでも出てきましたね。

後半に出てきた、両足をシュッと引き寄せて、ふみふみした、あれです😆😆

 

 

 

「パ・ド・ブレ」とは…

「パ」 は 「バレエのステップ」

「ブレ」 は 「詰め物をする」

という意味の、踊りと踊りの繋ぎのステップです!

 

 

 

1つ目と2つ目は、「クッペ・パ・ド・ブレ」。

ふみふみする「パ・ド・ブレ」の前に、

片方のつま先を反対のくるぶしに付ける「クッペ」が入ります!

 

・1つ目では、足の裏全部を床につけたまま(バレエでは「アテール」と言います!)。

 

・2つ目では、「クッペ・パ・ド・ブレ」をルルベで練習しましょう!

 

・3つ目は、「トンべ・パ・ド・ブレ」です!

「トンべ」は「落ちる」という意味。

でも、ドシン!と落ちるのではなく、羽がふんわり落ちるように🕊、

放物線を描くイメージで「トンべ」をしましょう!

 

 

皆さんは前回、「パ・ド・ブレ」をするときにどんなイメージをしながらしましたか?

「足を一本にするように引き寄せたな〜!」

「お腹をキュッとしてみたな〜!」

「上下にピーンと引っ張るようにしたな〜!」

そのイメージを大切に、今月もシュッと引き寄せて…

体の軸と体重移動を意識しながら、楽しく踊りましょう✨

 

 

 

3つ目のステップは、また8・9月にも出てきます!

お楽しみに…♡

わからないことがあれば、どしどし担当講師に質問してくださいね♪

 

 

P.S

「ブレ」は「ブーレ」とも、「クッペ」は「クぺ」「ク・ドゥ・ピエ」とも言います!

 

バレエ用語を検索して、あれ?と思っても、同じ意味ですのでお気になさらず♪

外国語をカタカナにするのは難しいですね…!

 

7月センターの動画はこちら
 ↓↓↓
https://youtu.be/ih6DNodSzVQ

 

2021.6.30
ハピバス講師
Ayano

「踊りを踊る」イメージで♪ 〜8・9月のセンターのご紹介〜 -ハピバス講師 Ayano-

「踊りを踊る」イメージで♪ 〜8・9月のセンターのご紹介〜 -ハピバス講師 Ayano-

こんにちは

ハピバス講師のAyanoです!

 

 

7月のセンターはどうでしたか?

軸を感じること、体重移動をすること

身体で感じながらできましたか??

楽しくできていたら嬉しいです!!!

 

 

ハピバスのセンターは

完璧に行わなければならないものではありません🙅‍♀️

 

整った姿勢で、軸を感じて、振り付けを一つずつ覚えて

1回目より2回目が、そして2ヶ月が終わる頃にはさらに

😊スムーズになっている!

😆軸がぶれなくなった!

😍きれいに踊れるようになった!

とワクワクしちゃう気持ちになることが目標です🍀

 

 

8・9月のセンターは、7月に練習した

「トンべ・パ・ド・ブレ」がたくさん出てきます!

 

曲に合わせて、しっかり軸を感じながら

どんどん、美しく踊れるようになりましょう♪

 

 

 

 

8・9月は、「くるみ割り人形」のフィナーレの曲を使います!

 

「くるみ割り人形」は、全2幕のお話です

 

2幕でクララはお菓子の国に行きクララを歓迎するため

チョコレート、コーヒー、お茶キャンディなどの

お菓子たちが踊ります

 

今回使うフィナーレは、その2幕の最後で流れます

クララもお菓子の国の住人も一緒に踊る、大団円!!

というような、とても盛り上がる曲☺️

今回は、そんな曲で踊りたいと思います♪

 

 

 

最後の大団円な曲、ということもあり

少し客席を意識した振り付けになっています

 

 

ここで、客席を意識して”踊る”コツ

ちょっとだけお伝えします!

 

1セット目の、背泳ぎみたいに(笑)背中を見せる動きですが

これは「背中を見せる」ということを

一番に考えているとうまく行きません

ストレッチの時に行うような、肩・腕回しを意識し

「両腕を引っ張り、どんどん伸びていく」

というイメージを持ってください

そうすると、身体を無理にねじることなく

美しくポーズがとれると思います🙆‍♀️

 

 

2セットめは、バレエダンサーが踊りの最後にする

「お辞儀」をイメージしました

腕を右や左に広げますが

それに肩やおへそがついていってしまうこと無く

自分の軸がブレないように意識しながら

体重移動もはっきりしながら踊りましょう✨

 

 

そして、目の前に客席があるイメージで踊っていただくと

さらにワクワク感を感じられるかもしれませんね♪

 

 

 

センターは、少し難しめな設定になっています

ですので、完成が10だとしたら

いきなり10まで登ろうとせず

担当講師とともに無理せず1段ずつ登っていきましょう♪

 

8,9月センター動画はこちら↓↓↓

 

2021.7.31
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Ayano

 

アーカイブ