ブログ

劇団四季の発声方法で口周りの筋肉強化と深い呼吸で血行促進してみましょう―ハピバス講師Hiromi―

劇団四季の発声方法で口周りの筋肉強化と深い呼吸で血行促進してみましょう―ハピバス講師Hiromi―

いかがお過ごしでしょうか?

ハッピーバレエ・ストレッチ講師のHiromiです

 

現状況で身体を動かすことが減ってきてはいませんか?

私は家に居るとつい口さみしいのか

食べ物に走ってしまいやすくて…

何か良き方法はないかと思いついたのが…!

 

劇団四季時代に学んだ滑舌をよくする開口発声法です

 

マスクで覆って弱くなりがちな口周りの筋肉強化や

ボディの血流もよくなるので

今の状況これはピッタリではないと思います!

 

早速、発声開口練習をお伝えします

意識された深い呼吸と大きく開いたお口で全身を使います

 

 

発声開口トレーニング

 

①呼吸からです

(まずは寝ころんだままで行います)

  • 仰向けに寝て、お腹に手をあて
  • 鼻から息を吸って口から息を吐きます

 

POINT:息を吸う時は

    背中側の腰回りと仙骨を床に押し付けるようにして

    お腹周りをビア樽のようにふくらませます

    息を吐く時は

    その張った背中側の腰回りと仙骨を

    床から離れないように

    張ったまま息を吐いていきます

 

これを5で息を吸い10で吐く、5で吸って30で吐く

だんだんと比率を変えます

 

3で吸って10で吐く。3で吸って30で吐く

1で吸って10で吐く。1で吸って30で吐く

 

長く息を吐く土台が出来たら続いて

 

 

 

②ハミングで息を

細く長く出していきましょう

 

1で吸って

「Mu~~~」

10~30で背中側腰回りを下に張りながらハミング

 

続いて声を出してみましょう

 

1で吸って

「あ~~~」10~30を同じように

 

POINT:お腹から声を出したいので喉に力を入れないように

    欠伸をするように声を出します

    土台の背中腰回りを張るように

    呼吸を取り込むのを意識して

 

 

 

③五十音で発声練習を行います

 

POINT:一度声を出す前に

    最大限に口の開口を確認してみましょう

 

「あ・い・う・え・お」

何度かゆっくりウィスパーで大きく口の形を確認します

 

口を最大限に大きく開いて一行を一文字づつずらしながら

1つで吸って1息で

「あいうえお・いうえおあ・うえおあい・えおあいう・おあいうえ」

少し早口で開口を大きく(目安1秒で「あいうえお」の間隔)

 

ア行からカ行と一行づつ息が続くまで増やしていきましょう

ア行からタ行まで続ければかなり腹背筋が使え

ロングブレスができるようになっています

口回りや顎、表情筋も鍛えられます

 

 

 

④次は立って行います

壁に両手をつき足は肩幅、身体は背中側を意識します

背中や腰回りに呼吸を入れ

寝て行った動作と同じように行います

 

 

 

体の中から呼吸を使い

さらに口の動きを大きく使うので健康にもよいですし

コミュニケーションの際にも

聞き取りやすい会話ができる優れものです

 

長い呼吸をコントロールできるようになると

ハピバスのレッスンでの呼吸にも音楽を聴きながら

歌うようにフレージングをとれるようになり

センターの踊りもより動きやすくなりますよ!お試しあれ♡

 

2022.2.21
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Hromi

 

*****************************************************

ハッピーバレエ・ストレッチは『オンライン・レッスン』『スタジオレッスン』を実施しています!

◆月4回/2,660円(税込)

◆全国どこからでもZOOMで、音声も画像もOFFで気軽に参加OK!

◆毎週土曜日1030~11:15までのライブレッスン!

◆見逃し配信アリ!(※月会員であればアーカイブで繰り返し動画視聴できる)

◆1回チケット参加/990円(税込)

 

 

◆東京・関西・名古屋・岡山・広島でレッスン実施中

◆料金は1か月4回/5,500円~8,680円(税込)

アーカイブ