ブログ

還暦過ぎた私の目はハート\(♥o♥)/ 相手役の男性の年齢は?!

還暦過ぎた私の目はハート\(♥o♥)/ 相手役の男性の年齢は?!

こんにちは
講師のMamikoです

 

前回は初めて男性とパドドゥを踊った時のお話をしました

 

 

今回はパドドゥ第2段です!

 

 

踊る演目を決めるときにまず考えることは

何を踊りたいか!

曲は心地よいか

そして技術的に私が踊れるか!

などです

 

何カ月も同じ演目を練習するのですからその踊りが好きでないと頑張れません

 

でも私、あと何回踊れるかな。。

いくつまで踊る??!

と考えてみたらもう後がない。。。!

 

 

踊りたいものを踊っておかなきゃ!と焦る気持ちになりました

そして決めた演目は「ラ・シルフィード」

 

シルフィードには「レ・シルフィード」と「ラ・シルフィード」があります

 

「レ・シルフィード」は別名「ショピニアーナ」とも呼ばれ、

物語はなく一人の詩人とシルフィード(妖精)達がショパンの曲にのせてさまざまな踊りを披露します

 

「ラ・シルフィード」は全2幕の作品です。
結婚式を控えたジェームスのところにシルフィードが現れて彼を誘惑し彼はその妖精に心を奪われてしまうお話です

 

第2幕で二人が戯れながら踊るパドドゥが有名です

 

衣装はどちらも白の長いロマンティックチュチュで背中に羽がついてます!

 

 

誘惑する妖精

そしてその妖精に恋するジェームス

なんて素敵な展開!うふふ(*´艸`*)

 

 

でも私が妖精?!誘惑?!

 

 

うーんちょっと考えてしまうけど…

妖精っていう歳じゃないけど笑(^-^;…

すごく長い踊りだけど…

踊ってみたい!

 

それに今逃したらもう2度と踊れない!やるっきゃないでしょ!

 

頑張れ!私!

 

 

リハーサルが始まり決まった相手役の男性はなんと!

 

26歳!!!!!!!

 

年齢を聞いてびっくり!

うちの息子、娘より若い!(@_@)

 

 

どうしよう。

こんなおばさんですみません<m(__)m>

と思いましたがそんなこと言ってられない

もうリハは始まったんですもの

 

 

でもありがたいことにその男性は

私をおばさん扱いせずに

妖精に恋焦がれるジェームスを演じてくださいました

 

 

私が踊っている間、

舞台上でずっと恋する目で私をみてくれてるジェームス!

 

 

なんて素敵(≧▽≦)そんなこと

現実にはあり得ない!

 

 

ウン十年前の恋する気持ちと見つめられる幸せをずっとかみしめながら踊りました。

 

ほんとに幸せな瞬間でした。

私、きっと目がハートになってました?

 

 

なので本番が終わったら

もう寂しくて・・・・・・寂しくて。

 

しばらくジェームスロスに陥りました。

 

もう2度と踊れないだろうなぁ。。。

 

 

いやいや後ろなんか向いてられない!

あと❓回踊れる?!

次は何踊ろう!

そう考える時が一番楽しいです。(^^♪

 

 

次回は今リハーサルしている踊りのお話ししようと思います。

 

20210419
ハピバス講師
Mamiko

アーカイブ