ブログ

自分の足裏に添いますようにと願いを込めて✨今日もせっせと針仕事&力仕事 ~トゥシューズのお話~ ー講師Mamikoー

自分の足裏に添いますようにと願いを込めて✨今日もせっせと針仕事&力仕事 ~トゥシューズのお話~ ー講師Mamikoー

講師のMamikoです!

 

今回もトゥシューズのお話し(^.^)

 

一口にトゥシューズといってもたくさんのブランド

(チャコット、グリシコ、フリード、ブロック等々…)

があって

そのブランドの中でも

また色んな種類(タイプ)があります

 

 

トゥ先が細い・広い

ボックスが高い・薄い

ヴァンプが長い・短い

ソールが硬い・柔らかい

 

 

色んな人の足に対応できるようになっています✨

 

それでもこれ

とお気に入りの1足を見つけるまでは

かなりの時間を要します

 

自分の足に合ってるかどうかは

ある程度履いて踊ってみないとわかりません

 

私も

チャコット、カペジオ、ギャンバ、シルビア、ゲイナー。。。

いろいろ履いてきました

 

そして今落ち着いてるのが

ブロックのセレナーデです

 

 

長時間履いても

赤くなるだけで皮がめくれないものに

やっと出会えました!(^_-)-☆

 

 

トゥシューズは

爪先で立てるように

とても固い造りになっています😵

 

 

なのでそのトゥを

自分の足裏に沿うように加工していきます!

 

 

①まずソールをぺりっとめくる

②厚紙のソール部分をペンチではいで薄くします
 (トゥによっては厚紙でなくプラスティックのような硬い芯が入っているものもあります)

③三分の一あたりでソールをカット
 →これが硬い!(;^_^A

④踵の釘をペンチで引っこ抜く!
 →これまた力仕事(;^_^A

この状態でかなり足裏にそうようになります😁

 

⑤ボックスの両側を足で踏んだり
 手でつぶしたりして足に当たる部分を柔らかくします(@_@)

⑥脱げないようにゴムを付けます
 クロスにつける人も

⑦そしてリボンをつけてカットしたら
 先をライターで焼いてほつれ止め!

⑧トゥ部分の先を糸でかがります
 (安定と長持ちのため)

 

そうしてようやく完成!!!!!
やった~~!

 

発表会の時はいつも3足作るので大変です!( ;∀; )

 

そして

こんなに頑張ったのになんだか履きにくい。。違うわ。。
と思うこともしばしば。。。

 

そして調子よく履いてたら突然さよなら宣告が!
立てません!と言われてしまいます
うそでしょう~~~!昨日までよかったやん!( ノД`)シクシク…

 

ほんとに悲しくなります

 

プロの方は1回の舞台に10足くらいもっていくようです

 

踊りによって
舞台のコンディションによって
もちろんその日の自分の調子によって変える

 

繊細なものですね

 

誰が爪先で立つなんて!
こんなしんどいこと考えたんでしょう~~~~~~~!!!!!

 

奥深いトゥシューズ!

いつまではけるかなぁ
70歳まで??!!(笑)

 

挑戦してみよう!(^^)!

20210519
ハピバス講師
Mamiko

アーカイブ