ブログ

あなたの腸と私の腸は同じじゃないんです~私の腸内細菌は何好み? -ハピバス講師 Miki-

あなたの腸と私の腸は同じじゃないんです~私の腸内細菌は何好み? -ハピバス講師 Miki-

こんにちは

疲れない体!を目指している講師のMikiです

今日は最近よく耳にする「腸内環境」のお話です

 

乳酸菌とかビフィズス菌という名前は誰でも知っているし

毎日とった方がいいと言われているので

積極的に摂取されている方も多いと思います

じゃあ乳酸菌って何?

 

私たちの腸の中には沢山の細菌が住んでいます

(腸の壁に張り付いている感じ)

その種類は500~1000種類以上、数は100~1000兆個  重さは1.5㎏程あり

細菌の種類ごと集まっている姿がお花畑のようで

「腸内フローラ」と言われています

 

その中で、良い働きをしてくれる菌は「善玉菌」と呼ばれ

乳酸菌とかビフィズス菌が代表です

反対に悪い働きをする大腸菌(有毒株)や

ウエルシュ菌のようなものは「悪玉菌」

その時々で優位な方に加勢する「日和見菌」があり

黄金バランスは

腸内での比率が

「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」の時です

善玉菌は発酵の働き

悪玉菌は腐敗の働きといったイメージでしょうか・・・

でも悪玉菌も体に必要なものですから・・・

優位にしない!ことが大事

 

じゃあ善玉菌増やすには?元気で働いてもらうには…

乳酸菌そのまま入れる?

生きたまま届かないと意味ない?

これ、実際にはわからないそうです

例えば胃酸で死んだ菌も腸内細菌のエサになるから・・・

これが役立ってるかもしれないし…

 

私たちは、生まれて来る時

母親の産道にある腸内細菌をもらい受け

その後の食生活や生活環境で

腸内の環境が変わっていくのですが

3~6歳頃にはその人の基礎となる

腸内フローラが出来ることがわかっています

食べ物、薬、生活環境で腸内の菌の種類や数

質は変化し続けるので、同じ腸内環境の人なんていません!!

そんな中、条件を一緒にしてデータを取り効果を検証して

「これが良く効きます!!」と言うことは難しいというわけです

 

じゃあどうしたらいいの?

まず確実なのは食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂取すること

 

この2つは腸内細菌が喜んで分解してくれます

 

そして食べ物がいつまでも腸内にあると

どんどん腐敗が進み悪玉菌が喜ぶ環境にあるので

毎日の排便は腸内環境を整える大切な仕事

食物繊維は、不要物をからめとったり腸を刺激したり

排便に良い働きをすることが分かっているので

キノコやゴボウ、海藻類、精白されていない穀物など

より食物繊維の多い食品を選んで食べていけばいいでしょう

 

発酵食品も良いと言われているので

納豆、キムチ、ヨーグルトetc.

 

排便は腸内環境のバロメーターなので

お通じの調子が今一つだなあと感じていたら

上のようなものを1種類食べ続けてみて

そのうちバナナのような形の物が出てくるようになったら

その食品はあなたの腸を元気にするものです

ヨーグルトでも種によって違いが出るのかな?

チャレンジした方教えてくださいね

 

あっ、でもね口から入れた菌入りの食品の菌は

ずっと腸内にはいないので

日々摂取を心掛けないといけないそうですよ

 

付け足しになりますが

抗生物質は善玉菌の数を減少させるので

飲まないとダメな時だけ

必要最低限キッチリ飲んで治した方が良いです

小さい子どもの「風邪ひいたら抗生物質(昔はよくあった)」

は要注意です

特に腸内環境が決まるくらいの歳のお子さん

お孫さんには気をつけてあげてください

 

腸内細菌は良いお通じだけでなく

もっともっと凄い働きをしていますが、それはまたの機会に

 

まずは気軽に日々の食生活で

自分の腸内環境を整えてみましょう

 

 

 

2021.9.18
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Miki

 

アーカイブ