ブログ

私の一生の宝物@ロバート・ハインデル氏の優しさ-ハピバス講師 Nobue-

私の一生の宝物@ロバート・ハインデル氏の優しさ-ハピバス講師 Nobue-

2021年夏期認定講師研修受講生のNOBUEです

 

部屋のいつも見える場所に

飾ってあるサイン入りのポストカード

そこには完璧なダンサーのパッセの姿があります

モデルのダンサーが誰かもわからずに

とても心惹かれた作品でした

それはバレエのレッスンで唯一

「パッセ」を先生に褒められていたからかもしれません

 

 

その作品の画家はロバート・ハインデル

氏を偶然知ったのは、バレエを始めて2年目の1995年でした

 

近く展覧会があることを知り

バレエ仲間と訪れてみました

現代のドガ”と謳われ

ダンサーの瞬間の美を捉え魂を描いた氏は

1938年アメリカオハイオ州に生まれました

 

アートスタジオに就職してすぐに頭角を現し

29歳でTimes誌の表紙を飾るまでになり

英国ロイヤル・バレエ団の「失楽園」を観たことをきっかけに

バレエの世界に興味を持ち

世界中のバレエ団を訪れ

ダンサー達のストイックなまでの美への追求に

心酔し数々の名作を生み出しました

 

その時に購入したたった1枚のパッセのポストカード

そのポストカードが私の宝物となりました

 

その日は、ご本人が来場して

画集購入者にサインをしていると聞いて

見に行ってみました(笑)

 

数名の方がいましたが

その方達がはけ次にまだ誰も来ないのを確認すると

ハインデル氏がそっとこっちへおいでと

手招きをしてくださいました

係員の方が制するのをやんわりと阻止して

「名前を教えて」と

なんとそのポストカードにサインをしてくださったのです

 

その日からずぅ~と大切にしまってきましたが

9年前の引越しをきっかけに

宝物は目に見える場所にと飾るようになりました

 

氏は残念ながら2005年に

66歳の若さで旅立たれましたが

その作品は今もなお

多くの人々の心に感動を与えています

 

私の中でもあの日の暖かい眼差しと優しい配慮が

心に残る人生のエピソードとなり

この画のパッセに少しでも近づけるようにと

レッスンの糧に♪

これからも一生の宝物となった1枚のポストカードを大切に

そこにいろいろな思いを反映して

それを指針に一つ一つ一歩一歩

事にあたっていこうと思っています

 

 

 

2021.11.8
[ハピバス関東]東京
ハピバス講師
Nobue

 

 

アーカイブ