ブログ

怪我も手術も人生経験のひとつ!何事も前向きに楽しみましょ❤ -ハピバス講師 Mamiko-

怪我も手術も人生経験のひとつ!何事も前向きに楽しみましょ❤ -ハピバス講師 Mamiko-

講師のMamikoです!

 

熱めのBTS話😅 いかがでしたか?😆

今回は私が今まで経験した

怪我や手術のお話したいと思います!

 

40代から再開したバレエですが・・・

実は今まで怪我のオンパレードです(泣)

 

ふくらはぎの肉離れを右左!

捻挫も右左

ぎっくり腰も何回やったかなぁ

体が悲鳴をあげてるのに気が付かず…

無茶をしてしまいました

今はようやく学習をして

「ちょっとやばそう」と思うと体を休めるようになりました(^-^;

 

実は足首の手術も2回しています

 

「関節ねずみ除去手術」

ねずみとは関節遊離体のことで

関節の中に軟骨や骨のかけらができて

そのかけらが遊離して関節内を自由に動き回ることから

通称「関節ねずみ」と呼ばれます

遊離体がただ遊離しているときは無症状なのですが

関節の狭い隙間に挟まったり

骨にひっかかったりするとロックされた状態になって

強い痛みが起きます

歩くのも困難になりますが

遊離体がそこから移動すると嘘のように痛みがなくなります

 

私も最初その症状が出たときは飛び上がるほど痛くて

「何がおきた??捻挫じゃないよね?」

とびっくりしましたがしばらくすると全く痛みがなくなり

今のは何だったんだろうと不思議でした

それからしばらくして

また同じような痛みが何度か起きるようになり

診てもらったら関節ねずみであることがわかりました

 

一度できてしまったねずみは除去する以外治るものではなく

悩んだ末手術をすることにしました

2015年に右

2019年に左

 

2回目の時はさすがに息子に

「おかん、いつまで踊りたいねん。

もうえぇ加減にしたら」と呆れられました(>_<)

 

「いやいや、老後あんたらに迷惑かけんように手術するんや!」

と反論はしてみたものの・・・まだ踊りたい。。☚これが本音です(^-^;

 

右のねずみは4個いました😝

4日間の入院

退院後その日からリハビリが始まりました

 

これが痛いのなんのって!!!

リハビリって大変って聞いてたけど

こういう事だったんだと身をもって知りました

↑このリハビリのお話はまた改めて(^-^)

 

 

そしてそしてまだ終わりません!

 

去年2020年秋は右足第5中足骨を骨折!

しかもバレエに関係なく

小さな段差が見えなくてぐねって骨折!

私が?いつもこんなに動いてるのに??なんで?とすごくショックでした

 

でも「サッカー選手がよくやる骨折です。」

と言われ…それならあきらめようかと( ;∀😉

 

4週間のギブス生活。。

「先生、私頑張りますので少しでも早くギブス取れませんか?」

「あのね~、中学生や高校生なら

三週間で取れることもありますよ。

でも年齢考えてください。

いくらいつも動いてるとはいえ無理です」

と言われてしまいました

はぁ~~~ですよね(;´д`)

 

生まれて初めての骨折

ギブス固定の4週間。ほんとに不便なものですね

👆この巣ごもり生活のお話はBTSブログでしました!😅

 

 

4週間が経ち!ようやくギブスが取れて

すぐリハビリが始まりました!

1か月足首を動かしていなかったので大変でしたが!!

少しでも早く踊れるようになりたい

ハピバスの講師に一日でも早く復帰したい!

そう思って取り組みました

 

おかげさまでギブスが取れて1カ月で講師復帰!

バレエレッスンも少しずつ始め今年からトゥシューズも!

そして!発表会にも出ることができました(∩´∀`)∩!

頑張った!!私😀

誰か褒めて(^-^;

 

 

学んだこと!

無茶はダメだけど少しの無理をしてなりたい自分になる!

 

いくつになっても自分が変われることをあきらめない!

 

皆さん!一緒にがんばりましょ!!

 

 

2021.8.18
[ハピバス関西]大阪・京都
ハピバス講師 Mamiko

アーカイブ