ブログ

人を守る自己免疫=3つのバリアって何❓② ★細胞は菌やウイルスを記憶する!…万全じゃない所もあるけどね★

人を守る自己免疫=3つのバリアって何❓② ★細胞は菌やウイルスを記憶する!…万全じゃない所もあるけどね★

「バレエ×ストレッチで40歳以上の大人の女性を美しく健康に!」そんな意気込みあふれるハッピーバレエストレッチ教室の講師陣によるブログです。今回のライターは健康オタクで勉強家のMiki。

 

最近堅い話ばかりになっている奈良・大阪担当Mikiです、

 

今日は前回の続きです

 

私たちには「免疫」や「抗体」があって

「体に侵入する菌やウイルスから体を守る仕組みがある」

ということは理解出来ましたか?

 

1度、菌やウイルスに侵入されたら

「免疫細胞」がその記憶をずっと覚えていたり「抗体」が残ったりして

もうかからないことを「終生免疫」と呼びます

麻疹、水疱瘡、ジフテリア

猩紅熱、百日咳、おたふく風邪なんかに対するものがそうです

 

しかし、インフルエンザは終生免疫がつきません

毎年少しずつウイルスの形が変わるからです

 

20年前くらいは

「その抗体がある=そのウイルスや細菌に抵抗力がある」と考えられていましたが、

現在は抗体が残ってなくても「メモリーT細胞」が情報を持っていたら

抵抗力はあるのでは?と考えられています

(その抗体を作り出す能力があるということです)

 

だから、新型コロナに罹ったかどうかは「抗体」を持っているかだけではなくて…

抗体は無くても「メモリーT細胞」が情報を持っていたら抵抗力があるということになる

という声もあるのです

(とはいえメモリーT細胞に、新型コロナの情報があるのか調べるのは難しいらしいです…)

 

 

そして、本来は菌やウイルスから体を守る「免疫反応」も

暴走しすぎて自分の体の細胞まで

攻撃してしまう病気を起こしたりすることもあります

 

ワクチンを打ったことで

別の病原体なのに、似たような抗原が入って来たと勘違いして

正しい抗体が作られず、その病気にかかってしまったり

ウイルスを中和する抗体ではなく

入ってきたウイルスに味方してしまうような

悪い抗体を作ってしまったり…

など、問題を起こす事も事実です

 

まだまだ免疫システムは解明途中なので

これからどんどん新しい事が分かってくるでしょう

 

今回は「メモリT細胞」と「免疫反応」についてお話しました
次回ブログは「鼻呼吸と腸内環境を良くすると免疫力がアップするお話」をします

 

以上

40,50,60,70,80代の大人女性の美と健康をサポートする

ハッピーバレエストレッチ、ハッピーのおすそわけブログでした!

2021.10.28
[ハピバス関西]
奈良・大阪
担当Miki

アーカイブ