ブログ

「絶対安静」を経験して (私が講師になった理由 ‐講師MIKI‐)

「絶対安静」を経験して (私が講師になった理由 ‐講師MIKI‐)

私は子育てと少々の仕事と趣味のバレエをしながら40代を送っていました。

 

50歳になってしばらくすると、積み重なっていた心身の疲労が限界に達したのでしょう…

 

ある日を境に、
今まで経験したことのない倦怠感と象の足のような腫れ、
とにかく足が痛くて曲がらない、
起きられない、
歩けない状態になりました。

 

薬を飲んで「絶対安静」。

 

いつ治るのか、このまま体が動かなかったら…
私の人生って…
ずっと動ける体が当然と思っていた私にとって、強烈なパンチでした。

 

今まで他人事と思っていた「老いる」事、
自分も確実に向かっているという事実。

 

子供の事だけでなく、
自分の人生を考えるキッカケとなったのです。

 

日本は少子高齢化問題が切実で、これから高齢者は増加する一方です。
財政や人材が破綻しないためには、
寝たきり状態になる人を一人でも減らし、
多くの人に健康な人生を送ってもらう方法を考えた方が早いと思いました。

 

私も自分がずっと趣味のバレエが出来る体でいようと決心するとともに、
健康な体で人生を過ごせるお手伝いがしたいなと思うようになりました。

 

でも何から始めたらいいかわかりません。
手探り状態で自分の出来る事からこなしていったら、
このハピバス講師に出会ったのです。

 

人の体は一つの癖が次の癖に、
一つの不調が次の不調に繋がります。

 

ハピバスはこの癖を薄皮を剥がすように少しずつ直し、
体の調子を整えていきます。

 

私も自分の体で日夜研究しながら改良中。

 

絶対安静と言われた頃の私よりずっとずっと体は楽です。

 

是非とも皆様も一緒に、楽な体になって有意義な人生歩んでいきましょう。

 

ハピバス講師
MIKI

アーカイブ