ブログ

エンタメに感謝❤私の精神安定カンフル剤☆-ハピバス講師 Nobue-

エンタメに感謝❤私の精神安定カンフル剤☆-ハピバス講師 Nobue-

2021年夏期認定講師研修受講生のNobueです

 

皆さんの好き❣はなんですか?

バレエは殿堂入り、なので(*^_^*)

バレエ以外でご紹介しますね

私は子供の頃はテレビっ子

そして今でもエンタメ好きです

 

女子高時代

クラスメイトに宝塚音楽学校を目指す子

タカラジェンヌさんの傍にいた子

(この7月に宝塚歌劇団を退団した
花組の瀬戸かずやさんが同じ高校です)

友人達にもジェンヌさんファンがいます

わりと身近にあったけれど

初めて観劇したのは2018年6月友達からのお誘いで

宙組新トップコンビのお披露目公演でした

その日以来

男役トップスターの真風涼帆さん❤の虜になりました

「君(くん)」と呼びたくなるほどの「ザ・漢(おとこ)」感が満載

容姿は勿論のこと、歌もダンスも演技も立ち振る舞いも

全てがカッコ良くて素晴らしいのです

洗練、完成されているのに

舞台のたびにブラッシュアップしていく

どこまでいくの~(*^_^*)

 

そしてここ最近の宙組作品にはバレエシーンが登場します

『ホテル スヴィッツラ ハウス』は

バレエ・リュスの輝きへのオマージュを散りばめた

素晴らしい作品でした

宝塚歌劇団が100年以上続くには理由がありますね☆

究極のエンタメ集団。これからも真風君についていきます💛

 

 

 

そして私にとって欠かせない人

スーパーアイドル香取慎吾ちん(最近はこう呼ぶ(w))

彼が17歳の時からのファンで

初めてコンサートに参戦した時に日本武道館の係員さんから

関係者と間違われた(w)ことも今となっては良い思い出です

SMAP解散は本当に残念だけど

今でもSMAPの前にSMAPなし

SMAPの後にもSMAPなしデス

昨年中止となった初のソロコンサートが

『さくら咲く 歴史ある明治座で 20200101

にわにわわいわい 香取慎吾四月特別公演』

と名を変えて開催

そこには変わらぬ元気で明るいカッコ良い慎吾ちんの姿

これはソロのスマコンだぁ~❤涙が溢れてきました

 

 

先日は、友達が頑張ってチケットを取ってくれて

劇団四季の『アナと雪の女王』を観てきました

映画の世界をどう表現するのだろう?

そこにはまぎれもなく、アナ雪の美しい世界があって、

全てが本当に素晴らしい舞台でした

オラフとスヴェンも凄かったです‼

後で知ってビックリしたのが

クリストフを演じた役者さんが劇団に合格してから

日本語を習得したという韓国の方で

「努力は嘘をつかない」

というフレーズが頭に浮かびました

 

こうして私は

いつもエンタメから力と元気と勇気をもらっています

 

 

 

2021.10.22
[ハピバス関東]東京
ハピバス講師
Nobue

 

 

 

自己免疫って何❓3つのバリア★自分の体にあるこの優秀な3つのバリアで日々自分の体を守っているのです★-ハピバス講師 Miki-

自己免疫って何❓3つのバリア★自分の体にあるこの優秀な3つのバリアで日々自分の体を守っているのです★-ハピバス講師 Miki-

 疲れない体!を目指している講師のMikiです

 

 ウイルスや細菌って私達の周りに存在していますよね

 無菌室というものが存在するのですから

 菌と共存してるのが日常です

 

 ではなぜその中で生きて行かれるのか…

 それは人間には3つのバリアがあるから…

 

 1つ目は皮膚と粘膜が物理的に防御します

 壁にボールを投げても跳ね返ってくる

 壁に穴があったらそこから中に入ってくる可能性があるし

 壁が薄かったり弱かったりしたら壊れてしまう

 

 2つ目は自然免疫が病原体となるものを無くしてしまいます

 白血球の中にあるマクロファージ

 悪いものを見つけて食べてしまう…

 これはもともと人間に備わっているものです

 

 3つ目は獲得免疫が病原体を無くしていく…

 麻疹や水疱瘡なんか一度かかったらもうかからない…

 というように

 文字通り生まれてから

 その病原体に出会ったおかげで獲得出来たもの

 もちろん新しい敵が来ても

 戦える細胞を作ることが出来ます

 

 基本的に私達は

 自分の体にあるこの優秀な3つのバリアで

 日々自分の体を守っているのです

 

 まずは皮膚や粘膜は外敵と一番初めに出会う場所なので

 そこの部分を健康に保つ事は

 大事なんだなぁと覚えて下さいね

 次回は免疫を作っている白血球の話です

 

 

 

2021.10.20
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Miki

 

レジェンドのレッスン⁉基本はいつの時代も変わらない♡ハピバスのレッスンで再発見♡-ハピバス講師 Ai-

レジェンドのレッスン⁉基本はいつの時代も変わらない♡ハピバスのレッスンで再発見♡-ハピバス講師 Ai-

講師のAiです

 

趣味のひとつに、町の小さな古本屋巡りがあるのですが

そこで見つけた掘り出し物のバレエ教本

 

あの、日本バレエ界のレジェンドの

森下洋子さん・尾本安代さんがモデルをしている本を

発見したのです(* ´艸`)

 

 

森下洋子さん・清水哲太郎さんの本

「バレエの世界」は昭和時代の発行ですが

特筆すべきは、若かりし洋子さんのレオタード姿での

バレエのモデル写真です

 

教本ですので、洋子さんがピルエットや

その他パをしておられるんですがとってもとっても美しい・・・・♥♥♥

(ピルエット・・・片足でコマのように回る)

 

写真は動画の静止画を一つ一つ載せていて

ピルエットに対して数えきれない写真が掲載されいて

どの瞬間も美しいです!!

 

そして、なんと!!幼い面影を残した吉田都さん

(新国立劇場芸術監督)

美しいお姉さま姿の安達悦子さん

(東京シティバレエ芸術監督)が

モデルとして登場しております!!

 

なんとも贅沢な一冊です^^

 

 

 

もうひとつ

尾本安代さん(元・谷桃子バレエ団プリマ)が

モデルを務める「バレエ入門」

こちらも昭和時代の発行で

昔持っていたのですが処分してしまったのです・・・

なので、古本屋で再会した時は運命を感じました^^

こちらは新装版ですが中身は変わらずとても面白く

そしてなかなか専門的!!

 

外国に留学しているバレリーナが

中学生の妹へ手紙をだす

という形式で綴られております

 

「エミ元気?お姉ちゃんも元気よ。

ゆうべのテレビのドン・キホーテのバリエーション

見てくれた?」

 

という感じ。そしてバレエの動きの説明をしてくれます。

 

尾本安代さんのレオタードでのモデル姿が美しい~♥

 

新たに読み返すと、ハピバスでいつも行っていることを

お姉ちゃんが書いていました!!

 

「ベン・ベンジャミンという変な名前の人なのだけれど

バレエの筋肉と骨の権威らしいわ

この人が言うには

始めからお腹を締めたり、下腹を引き上げたり

筋肉をガチガチに固めてしまっていては

バランスは見つからない

背中の下部、お尻、お腹の筋肉を楽にして

真っすぐな姿勢というものを

頭の中に描きながら立ってごらんなさい

それから筋肉を引き締めたらいい、と言うのね。」

 

そうそう!と思わず頷いてしまいました^^

 

基本はいつの時代も変わらないのに

それほど重要視していないのが現状です

私も、ハピバスに出会うまでは

緩めることの大切さを知らなかったのです

これを昔にわかっていたら・・・!!!

 

(もっとバレエ上達できたのに~)小声で叫ぶ笑

 

脱力って奥が深い・・・と

更に思いを深めたある日の午後でした。

 

 

2021.10.18
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス講師
Ai

 

 

じゃあ一緒にハピバスやろう!自信をもってお届けできるレッスン♡「因島初のハピバス体験レッスンを開催!」-ハピバス講師 Yachiho-

じゃあ一緒にハピバスやろう!自信をもってお届けできるレッスン♡「因島初のハピバス体験レッスンを開催!」-ハピバス講師 Yachiho-

こんにちは!

広島県・因島クラス担当講師のYachihoです

 

何だか「講師です!」と名乗ることが

まだまだ気恥ずかしく慣れないのですが

講師になったということより

とにかく因島にハピバスのクラスが

誕生したということが嬉しくてうれしくて

早く沢山の人に知ってハピバスの気持ちよさを

体験してほしいという思いで一杯なのです♡

 

その記念すべき第一回目のレッスンは

9月14日(火)午前中にスタートしました

何と!8名もの体験者の方が参加してくださり

皆さん「気持ちよかったー」と言って帰っていかれましたよ

 

6名がバレエ未経験者

2名が大人からバレエを始めている方です

年齢は40代前半~70代までで

普段から歩いたり山登りしたりと

しっかり運動している方もいれば

足が痛くてもう何年も運動からは遠ざかっているという方も

とにかく年代も違えば

体力も痛いところもまちまちな8名です

 

最初は、こんなにバラバラな皆さんを

うまく引っ張っていけるかなあ?とても不安になりましたが

さすがはハピバスのプログラム!

やりだすとそんな不安は吹き飛んで

皆さんそれぞれがゆったりと自分の身体に向き合う時間を

持てたのではないかなと思います

 

終わった後、大体は前向きな感想が多かったのですが

外反母趾がひどく腰が痛いという70代の方からは

「気持ちよかったけど、私、皆さんについていけないわ。

プリエも出来ないし、、、。

自分の身体を自分で支えられないのよ、、、。」

という、すこーし後ろ向きな感想もありました

 

もともと運動は苦手だったのが

あちこちに痛みが出てきてさらに運動しなくなって

腰や肩周りなどはひどく筋肉が硬くなってしまっていたのです

 

でも、これって本当に多くの方に見られる傾向で

このような負のスパイラルに陥っている方は

整体やマッサージなどの施術でやり過ごし

一時しのぎで経年劣化を仕方ないで諦めているのです

 

そして私も以前は

そのような方のことは

もう仕方ないのかな

慣れない運動をして怪我をしてもいけないし

と見てみたいをしていたのです

 

でも、今回は違います!ハピバスがあるんですもん!

 

いつの間にか

「じゃあ一緒にハピバスをやろう!

絶対自分で楽に立てるようになるから!」

と自信をもって、お伝えしていたのです

どんな体操をやってみても

なかなか続かなかったという人こそ

ハピバスにチャレンジしてみて欲しいと思っています

 

もちろん、良かった感想も沢山いただいていますので

以下ご紹介しますね

 

「なんだが血行がよくなったのかポカポカしています。」

「適度なゆっくりストレッチだから続けていけそう」

「Yachihoさんの心地よい解説くださる声に癒されたよ。」

「とっても気持ちよく身体がほぐれた気がします」

「すっきりしました!」

「音楽がずーっとあるのが良かったな。楽しかったあー」

「すごい有意義な良き時間でした」

「なかなか自分の身体をじっくり見つめる時間って

日常生活にないことだけど

実は生きていく上で1番大切な

基礎的なことだなあ~って感じました。」

「ほんと、スケジュール可能な方は

全員必須でやってもらいたいと思いました。」

「80才!私も素敵な現役おばあちゃんでいたいなあ~!

私もその頃には、バレエ

簡単なステップでもいいから踊って元気な姿でいるのが目標

まだまだ人生これからよね!」

 

ぜひ一度、みなさん体験してみてくださいね!!

お待ちしています♡

【因島クラス】毎週火曜日10:00~11:00

広島県尾道市因島三庄町2154-1(スタジオSHIP)

連絡先090-4295-4611

 

 

 

 

2021.10.16
[ハピバス広島]因島
ハピバス講師 Yachiho

アーカイブ