ブログ

人を守る自己免疫=3つのバリアって何❓ ★人は自分の体にある3つの優秀なバリアで日々体を守っているのです★

人を守る自己免疫=3つのバリアって何❓ ★人は自分の体にある3つの優秀なバリアで日々体を守っているのです★

「バレエ×ストレッチで40歳以上の大人の女性を美しく健康に!」そんな意気込みあふれるハッピーバレエストレッチ教室の講師陣によるブログです。今回のライターは健康オタクで勉強家のMiki。

 

疲れない体!を目指す、健康管理士でもある

奈良・大阪担当のMikiです。

 

人は「怖い」とか「怖れる」という感情がありますね。

明確に原因がわかるものと、正体が分からず不安になって起こる恐怖

コロナではどちらかというと“テレビやみんなが騒ぎ立てて怖い”から怖い・・・になっているような気がします

ウイルスに少しでも触ったり、侵入を許したらアウト?

 

人類誕生から人間は何度も菌やウイルスと戦って来ています

これからも戦っていかなければなりません

 

そして人間の体には素晴らしい機能があります

私だけでなく、あなたもあなたも・・・みんな

だから、私たちの体に備わっている機能を知って不安を和らげ

闇雲におびえるのではなく

その機能を強化する方向に目を向けてくれる人が一人でも増えて欲しいなあ

 

「知れば、無用な怖れは無くなり、目指す方向が分かる」

 

そんな思いでブログを書いています

色んな難しい言葉出てきます~(^-^;

でも、これ人の体の中で行われていることです!

 

さあ、それでは本題へ…

 

 ウイルスや細菌って私達の周りに存在していますよね

 「無菌室」というものが存在するのですから

 「菌と共存している」のが日常です

 

 ではなぜ人は菌やウイルスと共存していけるのか…

 それは、人間には3つのバリアがあるからなんです

 

 「1つ目のバリア」は【皮膚と粘膜!】が物理的に防御します

 壁にボールを投げても跳ね返ってくるのと同じです

 皮膚と粘膜が菌やウイルスを跳ね返してくれます

 当然、壁に穴があったり・薄かったり・弱かったりしたら、

 ボールを跳ね返せないように、皮膚や粘膜も薄かったり弱かったりしたら

 菌やウイルスに侵入されてしまいます

 

 「2つ目のバリア」は【自然免疫が病原体を無くす!】

 白血球の中にある「マクロファージ」

 これが菌やウイルスなどの悪いものを見つけて食べてしまう…

 もともと人間に備わっている自然免疫です

 

 「3つ目のバリア」は【獲得免疫が病原体を無くす!】

 「獲得」という名の通り、その病原体で出会ったことで獲得した免疫!

 例えば、麻疹や水疱瘡には一度かかったらもうかからないのが獲得免疫のおかげです

 同じ菌やウイルスが再び侵入してきても

 戦える細胞を作ることが出来ます

 

 基本的に私達は

 自分の体にあるこの優秀な3つのバリアで

 日々自分の体を守っているのです

 

 まずは「1つめのバリア」である【皮膚や粘膜】は、

 外敵と一番初めに出会う場所!だから、

 「皮膚や粘膜を健康に保つことは大切なんだ!」と覚えて下さいね

 

 次回は免疫を作っている白血球のお話をします

 

以上

40,50,60,70,80代の大人女性の美と健康をサポートする

ハッピーバレエストレッチ、ハッピーのおすそわけブログでした!

 

2021.10.20
[ハピバス関西]
奈良・大阪
担当Miki

アーカイブ