ブログ

40~80代の中高年世代が「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!★起業家としての原点回帰★(前編)-ハピバス代表 Haruko-

40~80代の中高年世代が「バレエ」を諦めなくても良い世の中にしたい!★起業家としての原点回帰★(前編)-ハピバス代表 Haruko-

「ハピバス(=ハッピーバレエ・ストレッチ由来の造語」

代表のHarukoです

 

7年前に37歳で一念発起して

15年勤めていた会社を辞め

 

「40~80代の中高年世代のためのバレエ」

「キレイで健康づくりにもなるバレエ」

をスタートして早7年が経ちました

7年と言うと長いと思われるかもしれませんが

私自身の体感としては“あっという間”で

「え…?( ;∀;) もう7年も経ったの?まだ2~3年ぐらい。」

という感覚です

そして自分の経営者としての経験やスキルは

本当にまだまだ…と感じる日々

 

 

★起業家のための勉強会へ

そんなことでこの秋

【神戸アントレプレナーシップ(※)】

という神戸大学が主催する

起業家のための勉強会に参加しています

 

起業家のための勉強会ってどんなものかと言うと

色々なパターンがあるのですが今回は

「起業家精神」「マーケティング」

「SDGs」「グローバルビジネス法務」

「知財戦略」などのセミナー受講や

「メンター」と言われる起業家の大先輩方に

個別に事業相談をさせて頂いたりします

 

因みにこの種のセミナーやビジネスコンテストなどには

私は4年ほど前に立て続けに参加した経験があります

そしてこの手の勉強会は

セミナーももちろん勉強になるのですが

特に有難いのは「メンター」の方々への相談ができること

 

「メンター」とは起業家として数十年以上で

事業を大きく育てた実績があり

中には上場を経験されている方などもいて

事業の失敗も成功も豊富に経験されている方々です

 

その方々に具体的な事業相談させていただくことができて

事業における重要な部分を指摘いただいたり

思考を深堀りすべく指南くださったりします

メンターの方々の起業経験に

基づいているからこその的確な指摘や指南は

大変有難いのです

 

★今回メンターの方によって気づかせていただけたこと

メンターの方は仰いました

「何で

この事業をしたいと思ったのか?」

原点にこそ、事業のポイントがある

原点からズレると、事業は難しくなる

 

気づけば7年になる私の事業

繰り返し考え、沢山の試行錯誤も

失敗も成功も繰り返し

他の誰よりも私自身がこの事業に

多くの時間を費やしている自負はあるけれど

逆に視野が狭くなってしまったり

思い込み過ぎてしまったりしていたこともある…

 

今回、7年を経て、もう一度原点回帰できました
「何でこの事業をしたいと思ったのか?」

それは
「40~80代の中高年世代が

【バレエ】を諦めなくても良い世の中にしたい!」
ということ

 

現在ハピバスが掲げている
●「40~80代の中高年世代のためのバレエ」
●「キレイで健康づくりにもなるバレエ」

その原点は私のこの想いでした

そして、一気に蘇ってきました
私にはこの原点に至った

自分自身の経験がありました

続編は、この経験についてです
良かったら、ぜひ読んでください(^^)

 

中編はこちら⇒https://hapibas.com/column/column-2759/

後編はこちら⇒https://hapibas.com/column/column-2760/

 

 

2021.11.20
[ハピバス関西]大阪・淀屋橋
ハピバス代表 Haruko

 

アーカイブ